<   2009年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

第81回アカデミー賞外国語映画賞部門受賞作品『おくりびと』が、ついに週末から公開されました。内容に興味があったのと、ボコに日本の文化を知ってもらうにもいい機会かもと思い、さっそく映画館へ。
c0148627_85357100.jpg
思っていたよりも、大勢の人が見に来ていてびっくり。映画館という薄暗い中でですが、アメリカ人の観客が意外と多くて、これまたびっくり。年齢層は、かなり高めだったと思います。

映画は、笑える&泣けるというもので、とってもよかった。声を出して笑うシーンもあったりで、賞を取るだけのことはあるなと思いました。日本語そのままの映画に、英語の字幕入り。これはうれしい。たまに字幕化されていない部分も理解できるので、ちょっと得した気分。数人だけが笑っているシーン(日本語をわかる人)も少しだけありました。感動的なシーンでは、あちらこちらで鼻をすする音が聞こえました。隣に座っていた、とってもクールそうなおじさまが、涙をポロポロ流しているのを見て、こんなに日本的な映画でも、国籍関係なく感動してもらえるんだな〜と、それがうれしかった。そのおじさまが気になって気になって仕方なかった私でした。ボコも私も、最後の数十分に少しだけ疑問を持ちつつも、総合的にはとってもいい映画だったと思えたので、見に行ってよかったです。もっくんは、大画面で見ると、やっぱり美しかった〜。昔“シブガキ隊”にいたなんて…ジャニーズだったなんて…想像つきませんは、今のもっくんからは。

映画前に、ゆっくりランチを取りました。映画館が入っているモールの目の前にあるWest L.A.の『牛角』でランチ。店内はアメリカ人だらけ。それも納得。だって、味が…アメリカーンだから。値段の割には、かなりいろんな前菜が登場してくれます。
c0148627_932448.jpg
私はビビンバセットc0148627_934845.jpg
ボコはポキ(ピリ辛マグロ)c0148627_944951.jpg
チキン&えのき焼き(ホイルの中)c0148627_95010.jpg
お味は…みなさんのご想像にお任せします。

ウエイターのお兄ちゃんは、金髪&青い目の超アメリカ人。そんな彼が、「いらっしゃーい。」と迎えてくれ、ちょっとおもしろかった。さらに、右腕には「ご飯」というタトゥーが、左腕にはにぎり寿司と巻寿司の絵がタトゥーで描かれていた。これを見た時、思わず笑えて話しかけてしまった私。すると、「東京の○○、○○、○○、○○・・・に住んでました〜。」と日本語で答えてくれました。その町の数は、かなりありました。「なるほど〜」と納得しながらも、“何でお寿司にご飯?”と疑問は解けず。どうやら彼の好きなものらしいです。

私が「ご飯」やお寿司の絵のタトゥーを入れていたら、これはちょっとイケてないと思うのですが、超今風というかパンク風のお兄ちゃんが入れていると、ちょっと素敵に…見えないわ、やっぱり。あはははは。やっぱりそんなタトゥーはダサかった。でも彼はハッピーで、超自慢の様だったので、ヨシとしよう!!がんばれ兄ちゃん。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-05-31 16:58 | 外食
今夜のディナーは、2種類のソースでいただきましょう。
c0148627_94623.jpg


今夜の決めては、ごま油。韓国風ちぢみには、ごま油を仕上げに一振り。焼き餃子は、ごま油でパリッと焼きました。c0148627_945662.jpgc0148627_952221.jpg
餃子を作る時は、一度にたくさん作っておきます。それを冷蔵庫に小分けして入れておくと、「あと1品欲しいな・・・」なんて時に役立つのよねぇ。おまけにボコの好物とくりゃー、一石二鳥です。

私好みの餃子のたれは、ポン酢にラー油、七味ちゃんの合体作。さっぱりピリ辛なのがいいね。さ〜、ソースを間違って付けないように気をつけながら、今夜は梅酒&ビールでいただきまーす。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-05-29 09:01 | お料理
久しぶりにボコとCentury Cityでランチしてきました。休みだった今日、朝から車のオイル交換に行って、そのままCentury City Mallに行き、シャンプーやコンディショナー、ソープ類などを買いました。溜まっていた日用品の買い物ができて、ちょっとスッキリ!洋服やバッグなどのファッションものの買い物は大好きな私なのですが、生活用品の買い物は大嫌い。理由はわからないのですが、たぶん生活感があることが嫌いなんだろう…と周りは言っています。

平日で空いているモールで、のんびりゆったり買い物をして、モール内に入っているレストラン『Pink Taco』で待ち合わせ。まずはサービスで出してくれるチップス&サルサを食べて、午前中の出来事をお互い報告。
c0148627_9335031.jpg
この日はどうしても食べたかったものがあったので、このレストランをリクエストしました。その品とは、ナチョス。こってりヘビーなお料理は、そんなに得意ではありませんが、たまーにガツンと食べたくなるものです。
c0148627_9345368.jpg
これで前菜サイズ(小さめサイズ)なのだから、びっくりするわぁ。ボコは、アヒツナブリトーを注文。(焼きマグロ入り)
c0148627_9355274.jpg
これもやっぱりボリューム満点。

一緒に住んでいて、毎日会っていて、朝からしゃべっているのに、いろいろ話すことがあって、おもしろいな〜と思いつつ、会話があることはいいことだ!と思って、大いに話しました。こんな時、ふと思うのですが、“私英語で会話してるよな。。。何だか不思議。”と思う瞬間があります。もちろん相手がアメリカ人だから当然なんだけど、英語ですべてを話している自分が笑える時があって、自分が何人なのかよくわからなくなる。それでもおもしろいことに、これまたたまーに「・・・ I wannna have some TAMAGO and ・・・」(訳:・・・私卵と…が欲しいの。)と、間違いなく日本語をポロッと会話に入れている時があるのです。(これは音で発するまで気づかない。)この間なんて、「I think I will need KYU more days・・・」(私が思うに、あと9日は必要なんだよね・・・)と、「9=キュー」と日本語を言っていた。これに関しては、ボコが「えっ??」というリアクションをするまで気づかなかった。

こうして、どんどんあやしい日本人になっていくのだろうか。。。いかん、いかん、気をつけよう!!ビューティフルなニホンゴを話さないと、ジャパニーズじゃなくなっちゃうわ。ミーは和歌山県人なのよ、フィッシュもスシも大好きなのよ〜!!
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-05-26 14:28 | 外食
The Groveに『Star Trek』を見に行って来ました。新しくなったStar Trekは、昔からのStar Trekファンに取ったら、ちょっと複雑なものかもしれませんが、これはこれで新たな気持ちで楽しめる映画となっていました。何でも古いものから新しいものに変わる時って、ちょっと複雑なものですよね。

久しぶりにThe Groveに行ったため、それなら近くでランチを食べようと、『Mani's Cafe』に行きました。相変わらずパティオ席はいっぱいです。みんな土曜日のブランチタイムを、新聞を読みながら、友達と話しながら、ペットとくつろぎながら過ごしていました。

本日のランチ
ボコ:ターキーバーガー+サラダc0148627_1414233.jpg
私:五穀入りパンケーキ+シロップ+ミックスベリーコンポートc0148627_13513055.jpg
最近どうしても食べたかったベイクドフライ
c0148627_1352380.jpg
パンケーキは、シンプルにメイプルシロップ(もしくはハニー)とバターで食べるのが一番好きな食べ方。メニューの説明書きをきちんと読んでいなかった私は、店員さんに「ミックスベリーかブルーベリーか」と聞かれ、「ミックスベリー プリーズ」と答えていた。するとこれが、「ミックスベリーコンポート」だったわけ。目の前に運ばれて来たパンケーキを見て、一瞬目がテン。“うわっ、重っ。”でも間違いなく私のオーダーミス。てっきり横に添えられているフレッシュフルーツと思い込んでいたため、ブラックベリーやストロベリーなどのミックスベリーを想像してしまっていた。【コンポート】、見逃していたぜ。とほほ。

ヘルシー志向のレストランのため、ベジタリアンプレートもたくさんあるこちら。当然ポテトも、「フライド」もあれば、「ベイクド」もあるわけで、私たちは「ベイクド」を迷わずオーダー。ちょっとでもヘルシーにねっ。健康な食材を食べると、何だか体が軽く感じるし、パンケーキも普通の粉と違って、食べごたえあり。あま〜いコンポートがこれだけ大量に載っていたら、「ヘルシーなのか?」と思うものの、甘さは控えめなので、ヨシとしよう。でも今度は、シンプルに「シロップ&バターにしてください」とお願いしようと心に誓った私なのでした。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-05-23 13:36 | 外食
今夜のディナーはパスタ料理。私の得意分野でございます。メニューは、チーズ入りトルタリーニのトマトソース、カラフルサラダ、バゲットです。ビタミンカラー満載で、栄養たっぷり、見た目にも華やかなディナーとなりました。
c0148627_13333437.jpg
イタリアンディナーにした理由は、あるワインが飲みたかったから。

ブログでも何度も書かせてもらっているのですが、私は赤ワイン派。白ワインは、数年に1度飲むか飲まないかです。濃厚でまったりしたワインが好きなため、どろっとした赤ワインが大好き。ボコもワインが大好きなのですが、白ワインを飲まない人なので、口が合っている私たち。ボトルはもっぱら赤ワインのみなので、なかなかいいパートナーです。

先日、kayoさんのお友達のブログ“BasketにWineをつめこんで...”に遊びに行かせてもらった際、こちらの白ワインを紹介されていました。
c0148627_13335516.jpg
お菓子でも、ドリンクでも、フレグランスでも、【HONEY】という言葉にめっぽう弱い私。この言葉を聞くだけで、よだれが出て来てしまいそう。そんなため、白ワイン嫌いな私の心をも釘付けにしたこのワイン。これがとっても飲みやすい。気づけば、ぐびぐび飲んでおり、数日にわけてですが、1ボトル飲み終わっていました。ボコも白ワインをおいしと言って飲む私を見てびっくり。

あまりの飲みやすさに、また1ボトル買いに行った私なのでした。。。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-05-22 22:34 | お料理
ここのところ「新もの」に挑戦している私のようです。毎日通勤途中に見かけていた気になるカフェ。なんとな〜くシアトルのカフェっぽい雰囲気がするので、行ってみたいと思っていました。少し話はそれますが、シアトルはおしゃれでくつろげるカフェがたくさんあります。私が大学生だった頃は、ロックバンドNirvanaの全盛期で、いわゆるグランジ・ロックというものが流行っていました。Nirvanaのボーカル、故カート・コバーン氏は、ワシントン州出身で、全盛期の頃には、シアトルに住んでいたようです。そのため、ファッションや音楽もグランジなものが流行り、カフェもグランジ音楽が流れているところが多かったように思います。

どこのカフェに行っても、グランジファッションの学生たちが、分厚い教科書をテーブルに広げながら、カフェラテを飲みながら勉強していたっけ。私もそんな学生の1人でした。授業が終わると、いつも周辺のおしゃれカフェに1人で行ったり、友達と行っては、ものすごく長い時間をカフェラテ、時にはカフェモカで過ごしていたな〜。

その頃からカフェ好きで、LAに来てからは、意外とオシャレなカフェが少なくて、ちょっとがっかり。チェーン店系のカフェがたくさんあって、個性のあるちょっとアンダーグラウンド的なカフェが少ない。もともとシアトルで出会ったピローと、シアトルカフェをなんとなく探しては、訪れてみたりしているものの、出会った数はまだ数件。

そんな中、ピローと一緒に気になるカフェに行って来ました。その名も『The SPOT』。いいんじゃな〜い?
c0148627_1132843.jpg
2人して、「ちょっといいかも?」と期待して入ってみると、オレンジな壁には、いろんなアートが飾られている。
c0148627_11382515.jpg
う〜ん、まさにいい感じ・・・と眺めていると、あれれ?やっぱりなんか違う。アートの種類がちと違う。おまけにお客さんの層が、ぜんぜんちがーう!!子供たちばっかりじゃん。あまりにもキッズばかりなので、不思議に思っていると、なんとすぐ隣が小学校。ありゃりゃりゃりゃ(汗;)。

私の求めていた、期待していたカフェとはちと違いましたが、ちょっとおもしろい発見でもありました。やっぱり気になる場所にはドンドン積極的に入ってみようと思ったのだ。仕事の時間上、ランチを食べれていなかったので、ショーケースの中からこのパンを選んでみました。
c0148627_17131050.jpg
馬の蹄型が気に入ったのと、クリームチーズが中に入っていながら、甘い系のパンということで、これに決定。結構大きかったものの、1人で2/3は食べました。これにホットカフェオレで癒されます。

シアトルを思い出しながら、相変わらずおもろい話で盛り上がる私たち。ちょっと昔を懐かしんで・・・ブラック×ホワイト&セピア色にしてみました。
c0148627_17171290.jpg
c0148627_17172889.jpg
こうして時間を過ごしていると、36歳になったことなんて忘れてしまいます。気分は18歳。ふと思い出すと、ちょうど18年前の誕生日、目の前に座る男、ピローや友達たちがサプライズパーティーをしてくれたっけ。その頃学生寮に住んでいた私たちだったのですが、誕生日の日に限って、授業後部屋に戻ると誰も遊びに来てくれない。(いつも私の部屋はたまり場でした。)ピローの部屋に行っても、友達の部屋に行っても誰もいない。ちょっと淋しいながらも、シャワーを浴びてパジャマに着替えて寝る準備をしていると、いきなりケーキを持ってみんなが登場!そしてそのままケーキに顔を埋められたのでした(涙;)。シャワーを浴びてパジャマに着替えていた私なのに、クリームでベトベト。鼻の中にまでクリームが入り込み、“ドリフの‘8時だよ全員集合!’で見ていたクリームパイの顔にぶつける芸って、とってもしんどいものなのねっ。”と、改めてお笑い芸人の苦労を垣間みた瞬間でした。(ちなみに当時はまだ生クリームを食べれていた私。)

あれから18年。今でもどちらかというと、顔にケーキをぶつけられるタイプだと思う私。さすがに周りも大人なので、それはされることはありませんが、あれはあれでいい思い出。そして・・・目の前で涙流して爆笑しているこの人が、18年後の今も私のお誕生日を祝ってくれることに改めて感謝したのでした。

家族や夫はもちろんだけど、友達という存在って、本当に大きくて大事なものなんだな〜と思う。私は友達がいなかったら、結婚もしていなかっただろうし、こうしてアメリカでがんばって生活もできていなかったように思う。みんなありがとうなぁ。。。改めて友達の存在に感謝する私って、セピア色の写真のせい?セピア色は、なぜかメランコリックな気持ちにさせるのかしら。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-05-21 11:19 | お出かけ
会社の同僚Aちゃんからもらった誕生日プレゼントは、かわいいリップバームとハンドクリームでした。ちょっと大人な私にといって、上質なものを選んでくれたそう。
c0148627_10221326.jpg
こういうささやかな気遣いってうれしいものですよね。

こちらのリップバームは、『oiseau』というブランドのものらしく、それぞれかわいらしい名前がついています。ピンクは“SWEET+TART=SWEETHEART.”、黄色は“YUM,YUM,YUM. PEACHY SHEEN.”。
c0148627_1116471.jpg
ネーミングもかわいい上に、超いい匂い。コスメ系の匂い付きってあまり好きではない私も、このリップバームだと何だかhappyになれます。おまけに艶感もよくて、しっとりツルツルしてくれるのも魅力。おしゃれなAちゃんらしいプレゼントに、とってもうれしくなった私です。

コスメって、自分が気に入ったものを見つけると、なかなか冒険しなくなってしまうんだけど、こうしてプレゼントしてもらうと、新たな発見ができるのもうれしい。いい刺激受けます。塗るだけで幸せになるリップバーム、私も誰かのギフトの参考にさせてもらお〜っと。

さらにTOCCAのハンドクリームもくれたのですが、これがまたいい。ここのところずーっとL'occitane一筋だったため、これまた新しい匂いに挑戦。
c0148627_1115377.jpg
普段の私の愛用ハンドクリーム

普段何気なく使っているリップバームやハンドクリームを変えるだけで、ちょっとウキウキするのはなぜかしら?新しい匂いも楽しいし、新しい色も楽しい。この世にこ〜んなにいろんなコスメがあるんだもん、たまには冒険もしなくちゃね!!新コスメは、ちょっと乙女な私に変身させてくれるのであーる。
[PR]
この週末で退職する同僚の送別会を、小さいグループでですが開きました。送別会コースは、「スンドゥブ」食べて、ボウリングをしようというもの。スンドゥブがおいしいTorranceの『Cho Dang Tofu Restaurant』に行きました。2度目の訪問ですが、ここのスンドゥブも、ナムルたちも、豆ご飯もおいしいのだ。
c0148627_1820285.jpg
マッシュルームスンドゥブを食べたのですが、えのきも入っていてこれがおいしい。Korea Townのスンドゥブでは、あまりえのきを見かけないもので…。ただ、矯正器具に“えのきさん”が引っかかる、引っかかる。大好きなえのきさんが、こんなに大変なものだったとは。

そう言えば、小学生くらいまで、私は“えのき”をうまく食べることができなかったことを思い出した。お鍋に入っている“えのき”と“マロニー”が、よく喉に詰まる。おぇっと咽せながら、よく喉に詰まらせていたっけ。喉元が弱いのか、喉が狭いのかはわからないけど、とにかく細長いものを食べるのが苦手でした。それもいつのまにやら直っていたな。大人になったものだ。

仕事が終わってからのランチ?なので、すでに夕方。遅めのランチなのか、早めのディナーなのか。不規則な食事時間と闘っている私たちです。小さいグループと言えども、これだけの女子で食事をするのが久しぶりだったので、ちょっとテンション上がりました♪たまには楽しいものだわね。
c0148627_18331650.jpg
普段は制服姿なので、私服姿のみんなってのも、ちょっと新鮮でした。ずいぶん雰囲気変わるわ〜、みんな。

スンドゥブの後は、超楽しみにしていたボウリング。レストランの敷地内?にボウリング場があるので、移動してみると、金曜日の夕方ということで、リトルリーグのボウリング大会が開催されていた。そのため貸し切りでレーンなし。そんな中、Torranceに住んでいる数人のおかげで、すぐさま次のボウリング場に移動。しかしこれまた大会開催中。しかーし、みんな情報持ってます。これまた近くのボウリング場に移動。はい、アウト。3会場回って、すべてレーンなし。恐るべしフライデーナイト。

日本だと、カラオケやバーなんかに行くんだろうけど、ここはアメリカ。車での移動なのでバーは却下。カラオケも大好きだけど、あまり最近のヒットソングを知らない私たちは、候補には入れたけれど、やっぱり却下。意外と遊ぶところがないんだよね〜、アメリカの夜って。せっかく体を動かそうと、みんなノリノリだったのに、レーンがなけりゃ仕方がない。「バトミントン持ってる人いない〜?」と、あげくの果てには、公園でバトミントンをしようという話まで出たけど、これまた誰も持っていなくて却下。

そんなわけで、仕方なく解散。ちょっとあっけない送別会&フライデーナイトとなってしまいました。ソックス持参してたんだけどな〜。。。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-05-15 18:11 | 外食
c0148627_16313774.jpg
たくさんのお祝いの言葉をいただきました。みなさんありがとう!!

私の親友umedonから届いたカードは、ピカチュウ☆c0148627_16275542.jpgc0148627_15523139.jpg
カードは、彼女の息子Kくんが選んでくれたものでした。しかしよく見ると…

“七味!!☆
 ボコさんつれてまたきてね☆Kより☆”

これって、ボコへのメッセージ?!ちょっと笑ってしまいました。Kくんは、赤ちゃんの頃からボコが大好きなようで、いつもボコにくっついていました。ボコに会うまでは、私にくっついていたKくんだったのに〜、とちょっとジェラス。私にとっての新たなライバルは、どうやらボコのようです。何はともあれ、こうしてKくんが字を書いてくれたことに感動。離れている間に、字まで書けるようになっているのねっ。ひらがなもカタカナも書けているなんて、、、ウルウルものでした。(ご想像通り、カードを見たボコは大喜び♪Oh, I love K!だってさ。)

ボコパパ&ママより
c0148627_1559992.jpg
素敵なカード&メッセージに、大好きな靴の絵が描かれたファイル、箱の中身は…ブルーなあいつのブレスレットが入っていました。ニカっ。

私の祖母、両親、叔母、ボコグランパ&グランマ、そしてボコ妹家族からもプレゼントをもらい、改めて家族の愛情に感謝。これまた「愛&感謝」でいっぱいです。

昨夜、車の座席に置かれていた(もう少しで踏みつぶしそうになった)ボコからの紙袋には、GODIVAのチョコレートとipod用ケース(写真下下)が入っていました。
c0148627_166161.jpg

週末一緒に出掛けた時に買ってもらったギフトとは、「ランニングセット」です。c0148627_1665952.jpgc0148627_1671695.jpg
将来の夢は、相変わらず「ホノルルマラソン完走」で、できれば数年後から毎年参加したいなと考えています。それまでに、ハーフマラソンやLAマラソンなどに参加して、本格的にランニング力を鍛えたいと思っています。雑誌Tarzanを愛読しているのですが、スノボーを始める時は、ボードに始まり、ブーツやウエットを揃える。野球を始める時は、バットやグローブ、スパイクを揃える。なのにランニングを始める時は、どうしてみんな身近なTシャツに短パンやスパッツで始めるのでしょうか?的なことが書かれていました。私も一応シューズやスパッツなどは持っているけど、特にランニング用でもなく…。雑誌の言葉に妙に納得してしまい、これはやっぱり道具から揃えるべ、と思っていた頃、誕生日が来てくれた者で、ボコにお願いしたというわけ。

数年は行っていなかった「NIKE TOWN」で、店員さんにあれこれ相談しながら、Dry FitというシリーズのTシャツ、七分スパッツ、キャップにソックスを選びました。これだと汗を吸い取ってくれるので、走っていてもTシャツが重くならず、おまけに汗で体が冷たくなることもないそうです。通気性に優れているスタイルのわりには、オシャレさも備わっているので、ちょっと楽しみなウエットです。さらに持っているipod nanoで楽しく走るための、シューズとipodに付けるセンサーとヘッドセットもプラス。小さなNIKEチップを専用シューズに付けると、走った距離や情報などが記録され、PCにも反映されるらしい。腕にはブルーのケースを付けて、耳には運動用の耳からかけるタイプのヘッドセットを付けて、これで軽快に走れること間違いなし。

そして一番大事なシューズ。ipod専用でなければいけないので、数は限られていますが、それでも豊富なバラエティーが揃っていました。私は薄いブルーグリーンを選択。店員さんにサイズをきちんと計ってもらいながら、少しだけ大きめのシューズを購入。長時間走るには、つま先部分に少しスペースがあるほうがよいとのことで、少し余裕のあるシューズです。ソックスも長時間走っていても、ずれたりしない工夫がされているようなので、足下の心配もなし。ハイテク時代を象徴する道具がたくさんあるので、「ただ走る」というよりも、「計算されて走る」という感覚。ランナーにもやさしい時代というわけですかねっ。

さ〜、ランニングプランももらったし(ボコの友達のランナーから)、道具も揃えてもらったし、ちょっと暑くなってきたけど、将来の42.195kmを目指して、日々練習するぞ!!これで、空港でもさらに走れるエージェントになるのだ。

36歳の目標
楽しく仕事、楽しく運動、快適なプライベートにしよう!
[PR]
朝から最高の誕生日を過ごしている私です。今夜はボコがディナーに連れて行ってくれるらしいけど、な〜んにも詳細を知らない私。基本的にサプライズがあまり好きではない私は、「ね〜、どこに連れて行ってくれるの?」「ね〜、どんな服装?」と聞くも、「カジュアルで大丈夫だよ。」だけの返事。ピローとのランチから家に帰って来た時、留守電がピコピコ。“7時にディナーの予約があるから、6時半に出掛けられるように準備して待っててね。”

ちょっと早めに帰って来てくれたボコと車に乗るも、まったくどこかわからず。“車に乗る場所にあるレストランだから、この近辺ではないな…”と思いながら走っていると、なんとなく前の家の近所に近づいて行っている。ってことは・・・「わかった!○○か○○だっ!」と、まだサプライズの答えを知りたい私は、自分の予想をボコに伝える。ちょっとうろたえた感がボコにあったので、“どっちかだ。”と思い、もうすっきり。知れたらそれでいいのよね〜、なんてねっ。

その1、CAMPANILE
その2、Angelini OSTERIA

CAMPANILEの前を通り過ぎた瞬間、「やった〜!Angeliniだ〜。」と大はしゃぎの私。もちろんどちらも大好きなレストランだけど、私的にはAngeliniのほうが好きかな。
c0148627_15172693.jpg
平日であり、時間も少し早く着いたにも関わらず、ほぼ満席。予約席はワインバーのちょうど前でした。

★誕生日ディナー★
♪Happy Birthday♪
c0148627_15185921.jpg
ボコ:ちぢれほうれん草&フレッシュパルメザンチーズのサラダ/あんこう料理c0148627_15215984.jpgc0148627_15241233.jpg
私:舌平目&サラダ/イタリアンジェラートのエスプレッソかけc0148627_15234563.jpgc0148627_15235974.jpg
ワインもパンも舌平目もデザートもおいしいよ〜。ボーノ、ボーノ。

ボコのサラダは、シンプルなのにものすごくおいしくて、ちょっと感動さえしました。素材の味が活かされているとはこのことなのね。この日はちょっと贅沢させてもらって、舌平目をいただきましたが、これがもう声にならない。塩味だけでグリルされた舌平目を、目の前できれいに身にしてくれ、レモンでさっぱりといただきます。塩加減といい、焼き具合といい、完璧なお料理。付け合わせのサラダもシンプルなのに、これまた最高。これぞ絶品です。

前回母と来た時頼んだ「マスカルポーネ」が忘れられなくて、今夜も“絶対にマスカルポーネ食べる”と決めていたのですが、このレストランはどれもきっとおいしいに違いないと、↑のお料理をいただいて確信。となれば、デザートも違うものにトライする価値あるなと思い、ジェラートを頼みました。これが、デザートをあまり食べないボコをもうならせるほどの一品だった。程よい甘さのジェラートに、ちょっぴり苦めのエスプレッソ。これだけなのに、なんでこんなにおいしいの〜!!!一口食べると、目がテンになりました。

昔、フランス人のおばあちゃまがバニラアイスに赤ワインをかけて食べているのを見て、一時期それにはまった私ですが、バニラアイスやバニラジェラート嫌いの私でも、こういうソース?をかけると、驚くほどおいしく感じるから不思議です。フランスでは赤ワイン、イタリアではエスプレッソなのでしょうか?

そんなわけで、最高のディナーを食べさせてもらいました。サプライズを用意してくれていたボコに、これまた「愛と感謝」でいっぱいの私です。

さて、レストランに来る前、助手席に乗り込もうとした時、「きっ、気をつけてね。」と言われて座席を見ると、小さな紙袋が置かれていました。(座席とか見ずに車に乗り込む私は危険です;苦笑)紙袋には、カードと小さなギフトが入っていました。プレゼントについては、後ほど日記に紹介させてもらいます!

36歳、ほろ酔い気分で眠りにつく・・・   
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-05-12 23:01 | 外食