<   2009年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

こちらのブログにもよく遊びに来てくれるSちゃん。彼女のブログ“サンディエゴさんさん”も私の大好きなブログの1つです。彼女が取り上げるトピックが結構好きだったりする私。そんなSちゃん家族が、5月を持って、サンディエゴ(以下SD)に引っ越すことになりました。

数ヶ月前に、「SDに引っ越すかもしれへん・・・」と電話をもらって、「SDに引っ越すことに決まってん」と報告してもらう間、“SDはいいところだけど、やっぱり引っ越さないでほしいな〜”と心で思っていた私。でも旦那様のお仕事の都合なので、これは仕方がない。それにSDのほうがきっと空気もおいしいし、シアトルから来たSちゃん夫婦には、合ってるかもな〜なんて言い聞かせていました。(私もシアトル組なんだけどさ〜っ。)

引っ越す前に、我が家でゆっくり食事でもしたかったのですが、なかなか都合がつかず、私が引っ越し直前のSちゃん邸にお邪魔することになりました。もう何度も遊びに行かせてもらっているのに、私ってば、こんな日に限って‘道を間違える’というあり得ないおバカさ。未だにどうしてあの日道を間違ったのか、、、理由がわからない。きっと悲しすぎたということにしておこう。

Sちゃん家に着いて、Sちゃん&姫の顔を見たら、何だかホッとして、爆裂トークの始まり。電話でも近況報告はきちんとしている仲なのに、まだまだネタは満載です。私たちが話に夢中になっている中、姫は相変わらずマイペース。
c0148627_1071418.jpg
マイペースな人が大好きな私は(ボコも超マイペース。かく言う私も超マイペース。)、1歳になったばかりの彼女の性格がすでに大好きだと感じているのであります。(後ろの風景、引っ越し直前っぽいでしょ?)

マイペースな彼女も、やっぱりママ大好きらしく、キッチンに立つママの側を離れたくない年頃。そんなわけで、Sちゃんは姫を背中に、私を横に、2人娘?を相手しながら、さらにお料理まで作ってくれたのでした。
c0148627_1011846.jpg
>Sちゃん、本当にありがとうねっ。そしてさらにしゃべり続けた頃、夫F君が帰宅。さらに賑やかさを増した頃、Sちゃんのお料理が出来ました。今夜はカレー/白菜&豚肉/きんぴらなど
c0148627_10142221.jpgc0148627_10143666.jpg
しっかり煮込まれたお肉入りカレーは、本当に本当においしくて、もうたまら〜ん。実は私カレーが大好物にも関わらず、ボコがカレー嫌いなもので、家ではほとんどカレーを作りません。ピローに作ってもらったり、外食で食べたり…。なので、飛び上がるほどうれしかったのだ。さらに大好きなきんぴらありーの、味がしっかり染み込んだ白菜&豚肉の煮物ありーのと、和食な食卓に大喜び。F君は毎日こんな食事ができていいな〜というと、「うん。いいで〜。」とのことでした♡

何だか‘親戚4人+愛犬モカさま的’雰囲気で食事をし、大いに笑い、たっぷり話し込み、それはそれは楽しい最後の晩餐 in LAをした私たち。引っ越し直前のお家にお邪魔してしまって、ちょっと恐縮でしたが、美味しい手料理に楽しい時間をもらって、本当に幸せな日を過ごせました。電話がある今の時代、いつでもSちゃんとおしゃべりできるのですが、顔を見ながらは当分おしゃべりできないので、とにかくひたすらしゃべりました。その間も、F君は姫をお風呂に入れて、ミルクまで飲ませてくれていましたよ。
c0148627_10224177.jpg

本当は、お泊まりさせてもらおうと企んでいたこの日だったのですが、ここ数日朝のフライト時間がとても不規則で、当日の朝出勤時間のお知らせメールが届くので、残念ながらも家に帰ることに。でもでも、こうして大好きなSちゃん夫婦、姫、モカさまと、最高に贅沢な時間を一緒に過ごせたので、大満足で帰ることができました。ありきたりな台詞ですが、SDに行っても、私たちの仲は変わらないので、淋しくなんてありません。(と言い聞かし…)逆にSDとLAと距離が出来た分、これからはどちらかの家にお泊まりという計画を立てられそうなので、ヨシ!としよう。

Sちゃん、Fくん、この場を借りて、SDでも素敵な人に囲まれて、楽しい時間をいっぱい過ごしてね。姫がいい空気の下、すくすく健康に育って、モカさまも広〜いパティオを駆け回って、さらに幸せいっぱいな生活ができますように。いつでもLAには、七味ねぇさんが待っているざますからね〜。

c0148627_1031251.jpg
大好きなSちゃん家族 in LA
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-04-28 09:55 | 日常生活
日本から遊びに来ているN君は、仕事上も含め、建築物をたくさん知っています。今回の旅の目的の1つでもある建築物巡りのため、日本からいろいろ調べて来ていたN君。今日、私も休みを取っているので、1日一緒にいろいろ遊びまくろうという計画。

N君情報によると、見てみたい建築物の1つ「ルドルフ・シンドラー自邸」は、私たちが以前住んでいた場所に近く、今住んでいる場所からでも、そんなに遠くない場所にありました。建築物巡りを始める前に、まずは腹ごしらえ。ちょうど行き道にあったBeverly Centerの『Grand Lux Cafe』で食べることになりました。

焼きたてパン/ジャンボえびパスタ(N君)c0148627_1342585.jpgc0148627_1343956.jpg
ツナメルト+サラダ(ボコ)/サラダ&チキンクリームスープ(私)c0148627_13433930.jpgc0148627_13435233.jpg
ずっと食べたがっていたシーフード(と言ってもえびだけですが;苦笑)を食べ、大満足な様子のN君。お腹も満たされた後は、いよいよシンドラー邸に向かいました。

c0148627_13485659.jpg
閑静な住宅街にたたずむオーストリア出身のアメリカ人建築家、シンドラーの自邸。一瞬通り過ぎてしまいました。
玄関を通ると、すぐにキッチンがあります。
c0148627_13495995.jpgc0148627_13503544.jpg
さらに進むとリビングがあり…c0148627_13542868.jpgc0148627_13525268.jpg
さらに奥へ。とりあえず記念写真。
c0148627_1357864.jpg
外観は、とっても和風c0148627_13581858.jpgc0148627_13583173.jpg
ボコと見学しながら、「まるで、日本のおばあちゃんの家じゃない?」と思わず言ってしまったほど、純和風?!

意外にも、外国人を乗せたツアーバンが来ているほど、実は名所?と驚いた私。N君を始め、ツアーの人々もみんな真剣に造りを見ている様子でした。

***続いては、少し離れた高級地にあるエニス邸へ。

こちらは、かなりの高台にあり、ダウンタウンが一望できる場所。
c0148627_1475550.jpg
これまた住宅地の中にひっそりと佇んでいました。
c0148627_14144482.jpg
近寄ってみると、確かにエニス邸のサインが。
c0148627_14182372.jpg
残念ながら復旧作業中(過去の地震で激しく損傷)のため、中には入れず。c0148627_14152764.jpgc0148627_14153751.jpgc0148627_14194138.jpgc0148627_14195674.jpg
エニス邸とは、アメリカ人建築家で巨匠と言われる、フランク・ロイド・ライト氏の中期の住宅で、コンクリートのブロックは、鉄筋で織物を織るように組み上げられたため、「テキスタイル・ブロック住宅」と呼ばれているそう。建築物には、まったく知識のない私ですが、こんな住宅が、約90年前に建てられたのかと思うと、やっぱり興味がそそられるので、じっくり見入っていました。今でこそ、いろんな道具や材料も揃っているけど、当時はいろいろ大変な作業だったんだろうな〜と、改めて人間の力のすごさを目の前で感じ取っていました。

ちなみに、シンドラー氏は、英語が不得意にも関わらず、巨匠ライト氏に会いたいと願う手紙を書き続け、ついにアメリカに移住した際に、念願叶って、ライト氏に会えたそうです。その後は、さまざまな形で、2人は仕事を共にしたらしいのですが、ビジネスの上で関係が悪化し、最後まで和解することなく、シンドラー氏が亡くなったそうです。

願い続けていれば、夢は叶う…夢が叶っても、その後がさらに大事なのだな、、、的なことを学ばせてくれた話なのでした。各国から建築に興味を持った人が見に来るほど、すばらしい建物がこんな近くにあるというのに、まったく知らなかった私たち。訪問客のおかげで、私たちまで勉強になる観光ができて、持つべき者は友達ね…っと改めて感じたのでした。いい刺激を受けますわぁ。私たちの感動とは別に、N君は何だか大興奮のあまり、あまり言葉になっていなかったというのが現実でした。「LAに来た甲斐あったわ〜。」と帰りの車の中で何度も言ってもらって、そりゃ〜、来てもらった甲斐ありました〜っと、うれしくなったのでした。

***夜は、野球大好きなN君へのちょっとしたプレゼント
ドジャースの試合が、アウェイだったため、Angelesスタジアムに行って来ました。c0148627_941731.jpgc0148627_9411911.jpg

今夜の試合は、Anegeles vs Marinersのため、シアトルラブな私にはよかったのと、日本からのお客様にはイチローがいるというので、ちょうどよかったかなとc0148627_9414294.jpgc0148627_9415786.jpg
こちらのスタジアムでは、ホームランが出ると、花火が上がるので、なかなか楽しく観戦できます。
c0148627_9332688.jpg
イベント盛りだくさんだった1日は、とっても充実したものになりました。c0148627_9354393.jpgc0148627_935521.jpg
さて、写真を見て何かお気づきになりませんか〜?
・ボコはドジャースのキャップをかぶっています。(ケンカ売ってんのかい!)
・N君も私もなぜかGOODポーズ。(日本人はピースから親指アップに変わってきてる?!)
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-04-25 16:17 | お出かけ
今日午後、日本の友達の旦那さまがLAに到着しました。仕事終わりに、United Airlinesのターミナルに迎えに行って、久しぶりの再会。かれこれ2年ぶりかなっ。

あれ?友達じゃなくて、友達の旦那さま?とお気づきになった方に説明を。高校時代からずーっと付き合い続けている私の友K。音大を卒業している彼女は、ピアノがとっても上手く、母となった今では、チェロを習っている音楽人。高校時代は、私のピアノの発表会で、一緒に連弾をやってもらったり、夏には(学校で禁止されていた)バイトを一緒にやったり(海の家:笑)、ワールドカップサッカーの時は、一緒にデンマークのかっこいい選手をホテルに見に行ったり、私の結婚が決まり、日本を離れる際には、ピンドン(ピンクのドンペリ)でお祝いしてくれたり・・・。いろんなことを一緒に経験しました。彼女の夫とは、↑「ワールドカップサッカーの…」あたりから、一緒に行動しています。彼女たちは約10年つき合って結婚したため、彼氏だったころから一緒に遊んでいたので、もちろん旦那さまとも仲良くさせてもらっています。

K曰く、「うちの旦那、七味のことは自分の男友達と思っているみたい。」一緒にお酒を飲んだり、野球の試合のアレンジをしたり(N君の会社チームと私の会社チーム)と、男っぽい付き合いをしてきているので、とってもしっくりくるお言葉。今では、彼女たちの愛娘、私の夫も加わり、家族ぐるみでおつき合いさせてもらっています。昨年、Kが愛娘&妹家族とニューカレドニアに旅行に行った際、N君は仕事で行けなかったらしいのですが、その時「どうやらうちの旦那、LA旅行を企んでいるようだ。」とメールが来ていた。なので今回N君からメールをもらった時は、「はいはい〜。待ってましたよ〜。」って感じ。ボコもお酒大好きなN君が来てくれるので大喜びというわけ。

「お〜、まいどっ。」と男同士の挨拶を空港で交わし、まずは家に帰って来ました。3泊4日の荷物の中に、私たちへのお土産のほうが確実に多いと思われるほど、たくさんのお土産を持って来てくれました。
雑誌に節句用お菓子
c0148627_13111310.jpg
ナイスセンス!なお菓子たちc0148627_13125391.jpg
私の大好きな“クッピーラムネ”(さすがです!!)c0148627_13134594.jpg
この他、ボコへのお酒やその他私が頼んでいた雑貨なども持って来てくれました。やっぱり私のツボ抑えてるな〜と、離れていても改めて納得させられた品々。>嫁ちゃん、ありがとう!!

*****
ボコが帰って来たので、久しぶりの再会を祝うため、Culver Cityの『Father's Office』に行きました。N君は大のビール好きなので、やっぱりここがいいかなと。

本日のディナー
チーズプレートc0148627_13171015.jpg
スイートポテトフライc0148627_13172969.jpg
本日のスペシャルよりマグロのたたき風サラダに焼きほたてc0148627_1318217.jpgc0148627_13192394.jpg
N君はアメリカ大好き人。学生時代からアメリカに来ていて、LAにも何度か来ているため、英語も一生懸命話してくれる人。おかげでボコも楽しい時間が過ごせて、すっかり2人で盛り上がっていました♪
c0148627_13213346.jpg

日本から来たばっかりだというのに、この後も近所のバーに飲みに行き、さらに飲む飲む。ボコは一緒に飲んでくれる仲間がいるので、うれしくて仕方のない様子。「あ〜、楽しいわ。I am happy!!」と連発してくれるので、私たちまでうれしくなった、ちょっと特別なフライデーナイトとなりました。

家に帰ると…ボコはソファーでもう爆睡。N君と私は、地元話なんかを教えてもらいながら、しゃべり続け、日付の変わる頃「そろそろ寝よか。」で締めくくった1日となりました。N君、ごくろうさま。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-04-24 03:06 | 外食
日本にいた頃、“かぼちゃの煮物”を作ってみた。これが恐ろしくマズくて、私に甘甘の父親さえ「う〜ん、これはちょっとなぁ。」と言ったほど。以来、何度トライしてみても、本当においしくない私の“かぼちゃの煮物”。煮物好きな男性と結婚していなくて、本当によかった〜と思っています。もともとあまり煮物が好きではない私ですが、年齢とともにだんだん好きになってきて、今ではひじきの煮物やかぼちゃの煮物も大好物に。(ただ自分では作れませんが;汗)アメリカに住んでいると、無性にかぼちゃの煮物が食べたくなることがあって、何度かトライしたものの、大失敗の連続。

失敗しても負けずに進むのが私の特技。インターネットの簡単そうなレシピに従って、家にあったかぼちゃ&さつまいもの煮物を作ってみました。c0148627_2202647.jpg
やった〜〜〜!!!c0148627_2205285.jpg
人生初めての成功です。ほくほくしていて、味も濃すぎず、火もきちんと通っていておいしいじゃありませんか〜。わぁーい、わぁーい。思わず写真を撮ってしまいました。

残念ながら、ボコはかぼちゃの煮物は食べないので、1人満足で数日にわけて食べました。さぁ、次回はどうなるのか・・・?

*****
ずいぶん久しぶりの“仕事ネタ”です。相変わらず楽しく仕事をして、空港内を走り回っている私ですが、空港で働き始めて早半年。早いものです〜。最近は少し慣れてきたのもあって、以前より走り回ることも減ってきましたが、毎日新しい人に出会って、いろんな国や都市を知って、日々新鮮なのが、この仕事の魅力なのかなと思っています。

サービス業という仕事にまったく興味がなく、性格的に無理だと思っていた私ですが、今は“実は私、サービス業が一番向いていたのか?”と思っています。それは、昔は結構やんちゃさんだったので、腹が立つお客さんや、理不尽なお客さんは絶対に相手にできないだろうと思っていたからです。それが、年と共に気持ちが丸くなってきたのか、単に鈍感なのか、はたまた良いお客さんに出会えているのか、あまり嫌な思いを接客を通してしていません。もちろん時には“は〜?何様?”って思う人もいますが、そんなのほんの一握り。おまけに一瞬の絡みなので、後に残らないのが、私の性格に合っている気がします。

そんな中、昨夜少しほろっとすることが3つもありました。いつもお話していますが、某アジア系航空会社のスタッフは、ほとんどが(イケメン)男性。カウンターでチェックインしている時、ちょっと理不尽なことばかりを言う男性のお客様がいました。でも、鈍感な私はあまり気にすることもなく、ちょっと困らされながらも、普通に受け答えしてました。すると、いきなり隣のカウンターでチェックインをしていたA君が、「Sir, 彼女が正しいことを言っているので、これ以上何か言われても困ります。」と、そのお客様に一言浴びせかけてくれたのです。するとお客様は黙って手続きを終えてくれました。のんきさんだった私は、「あっ、ありがとう。」とA君に言うと、「いいんだよ。ボクのほうが腹立ってきたよ。」と言ってくれた。(へ〜、そうだったんだ。)

すると、上記のことが起こっていた間、どうやら偶然後ろを通りかかったE氏も、お客様の理不尽さと私への対応に怒りを覚えていたようで、A君が横から手助けをしてくれなかったら、ボクが出ようと思っていたと言って、後ろで待ってくれていたらしい。(えっ、そんなにたいそうなことだった?)A君のおかげで、お客様がカウンターから離れたあと、そっと私の横に来て「泣くなよ。」と言って肩をたたいて行ってくれた。(その時の私は、泣くどころか、反笑い状態。なぜって、この状況って辛いと思わないといけないところだったの〜???と、あまりにも自分のボケぶりに、思わず笑えていたから。)思わず反笑いだったので、すぐに振り向けず、数秒して「Thanks!」とE氏に振り返ると、E氏はウインクをして去って行った。

チェックインも無事終わり、今夜は男性の温かい気持ちをたっぷり味わわせてもらって、わたしゃ幸せものじゃ〜と思って、カウンターに残っていたゴミ箱を数個手に持って、オフィスに向かって歩いていると、前から体力仕事を終えて帰って来たバゲッジスタッフが、「ボクが持つよ。」と言って、さらっとゴミ箱数個を持ってくれた。(軽かったんだけどな〜。)

とにかく、本当にいい人に囲まれて働いている私は、すっかり甘やかされて、幸せものだな〜とつくづく感じる。これはきっとそれぞれの航空会社によると思う。たまたま私はレディーをいたわる気持ちが強い国の人たちに囲まれて仕事をしているから、こんな思いをしているんだろうけど、こんな職場だから、もし辛いことがあったとしても、ちょっとくらい嫌なお客様がいたとしても、乗り越えられるんだろうな〜と思う。あまり繊細じゃないのんきな人が、意外と空港スタッフとしては合っているのかな〜とも思いながら・・・とりあえずみんなに感謝だな。
c0148627_9313989.jpg

[PR]
by kgoldmonkey | 2009-04-22 02:14 | お料理
SorairoSちゃんの愛娘、カノンちゃまの1歳のお誕生日会に招待していただきました♪ボコも一緒にと行ってくれていたのですが、この日何やらダウンタウンで映画のイベントがあるらしく、残念ながら一緒に行けませんでした。

Sちゃん宅に到着すると、まず目に飛び込んで来たのがかわいいPINK〜な飾り付け。
c0148627_1528032.jpg
姫の1ヶ月ごとの成長写真がきちんと額縁に飾られていたので、“姫、成長してるな〜”と改めてしみじみ子供の成長を楽しませてもらいました。きれいなお花もやっぱりPINK〜。
c0148627_1530206.jpg
普段のSちゃんの雰囲気&姫野雰囲気は、グリーンやオフホワイトといったアースカラーなのですが、やっぱり1歳になる女の子のお誕生日は、ピンクってのが、Sちゃん夫婦なかなかやるな〜と密かに感心していた七味でした。おまけに、こーんなキュートなランチも用意してくれていました。
c0148627_17562513.jpgc0148627_17564387.jpg
おしゃべりしながらでも簡単につまめる“フィンガーフード”がたくさん!私がSちゃんを素敵だなと思う理由の1つが、彼女のお料理でもあるので、「さすが〜☆」と感心させられました。

久しぶりに会うメンバーや、はたまたカノン姫のベイビーシャワー以来のメンバーにも会えて、会話も盛り上がる中、主役の姫がバースデイドレスを来て登場!!ギャワイー!!(訳:かわいい)これまた普段アースカラー系の洋服を着ている姫が、何だか乙女チックなので、とってもかわいかった。そう言えば以前一緒に買い物に行った時に、「せっかくの1歳の誕生日やし、ちょっと女の子っぽいドレス着せようかな〜」と言っていたのを思い出した。祝1歳にふさわしいキュートなドレスで、とってもかわいかったです♡

さらにさらに、パーティーも盛り上がる中、バースデイケーキが登場しました。
c0148627_185716.jpg
こちらは、オーガニックのストロベリーカップケーキで、卵が使用されていなかったりといった考慮がありながら、さらにおいしくてかわいいもの。さらにミニサイズなので、しつこくなくて食べやすくて、ちょうどいいケーキでした。家族そろって、ろうそくの火を消す〜〜〜。
c0148627_188494.jpg
何だかいい光景。(Fパパ、ものすごく一生懸命吹いてます:笑)そして、姫の“ファーストバイト”(初めの一口)はこんな感じ。
c0148627_18114211.jpg
※普段着にお色直し後の姫です(笑)。

パーティーの終盤は、私たちも楽しみなプレゼントオープン。
c0148627_1813382.jpg
日本から贈っていただいたプレゼントを始め、みなからのたくさんのプレゼントに囲まれる姫。本当はぼかしなしで載せたいくらいかわいいこの写真の姫は、たくさんのプレゼントに興奮なのか、圧倒されてなのか、口をぽか〜んと開いている状態。本当にかわいいんです♡いろんなプレゼントを見ていると、やっぱり女の子なので、装飾品が多かったかな。かわいい洋服や靴がたくさん見れて、私までわくわくさせてもらいました。ギフトアイデアをもらえるのもいいし、プレゼント開封はやっぱり楽しみ♪

Sちゃん夫婦は、娘を客観的に見ている部分も多くて、そういうところがとってもかっこいいなと思う反面、深い愛情もひしひしと感じられ、私はいつもいい家族だな〜と思っています。「私たち、こんなに娘にやってます」的な発言も行動もまったく見せない2人ですが、家族でいる姿を見ていると、本当にもっと奥深い愛情が見られるのです。いい意味で子離れしながら、たっぷりの愛情を注いでいるあたりが、いい距離感を保っているな〜と感心しまくりの私。Sちゃん夫妻を素敵だなと思う理由に、子供との在り方も大きい私です。
c0148627_18233528.jpg
本当に素敵な家族のF&S家。愛情をたっぷり受けている愛娘と愛犬は幸せものだな〜。

カノン、元気にのびのび育ってね。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-04-18 15:24 | 娯楽
約3週間の滞在を経て、本日日本に帰る母。3週間は長いような短いような…。でもやっぱり長いよねっ(笑)。専業主婦と言えど、母の年にもなると、祖母のお手伝いやら家の用事やらで何かと忙しいようなので、こうして定期的にアメリカに来るのは、母の癒しの時間でもあるようです。父も理解してくれているようで、LAにも快く送り出してくれているようです。(自分も来たい気持ちを抑えて。)私は母が来てくれると、仕事だけに専念できるので、本当にうれしい。何よりも食事の準備をしなくていいのが一番うれしい。家の鍵をかけずに出掛けられるのがうれしい。日本語でしゃべれるのがうれしい。やっぱり一卵性親子と呼ばれているだけありますね。

ボコも嫌な顔一つせず、「ママはいい人だから、ボクはママが大好き。だからいつでも来てくれていいよ。」と言ってくれます。そのおかげで、こんなに定期的に(笑)遊びに来てもらえるので、本当に日本の父&アメリカのボコ両男性陣には感謝ですね。

思えば着いた日から「あ〜、もう帰りたくない。」(今着いたとこやん!)、「次はいつ来れるかな〜。」(まだこの旅始まってないでぇ!)と言っていた母。母も楽しみにして遊びに来てくれるし、ボコも私もいろいろ助かっているので、こうして需要と供給が成り立っているのだろうと勝手に納得。いろんなレストランにも連れて行ってもらって、感謝しています。ボコ&私は予約担当。母はお会計担当(笑)。

LAに来るためにも、健康には気をつけたり、適度に体を動かしたりしている母。これも元気の源なのだろうと思うので、これからも「○○持って来て。」「あっ、あれも買って来て。」と何かと注文の多い娘夫婦ですが、たっぷり甘えさせてもらおうと思っています。

*****
昨日ピローがちょこっと家に遊びに来てくれ、とっても素敵な中国茶のお土産を母に持たせてくれました。以前にも超おいしいウーロン茶葉をもらって、本当にそれがおいしくてと話していたら、また素敵なウーロン茶葉を持って来てくれた。母にも会いに来てくれる友達がこちらにはいて、本当に幸せ者だな〜と思う私なのでした。>サンキュ、ピロー。

すでに次の旅計画を考えながら…無事日本に帰国です(笑)。
c0148627_13501934.jpg


大幅な更新遅れにも関わらず、長〜い『母のLA滞在記』につき合ってくださいまして、本当にありがとうございました。   


〜七味 5月吉日〜
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-04-16 13:29 | 日常生活
いよいよ明日が母の帰国日。長かったような短かったような約3週間。(父はさぞかし長い3週間を過ごしていることでしょう;苦笑)今朝も少し肌寒い日。荷物もある程度詰めたし、ショッピングももうやめないとね…ということで、朝からRedondo Beachに遊びに行って来ました。

以前kayoさん&ピローと一緒にランチに出掛けた場所『Captain Kidd's』に行きました。以前出掛けた時にkayoさんが、「ぜひお母様を連れてきてあげたらいいんじゃない?」と言ってくれていたのを思い出し、“これはいい経験だよね。”と思いました。それに比較的空いている平日というのもうれしいしねっ♪

ちょっぴり寒い日です。
c0148627_12585326.jpg
店内には新鮮魚介類がいっぱい。c0148627_12594285.jpgランチ時間のためスーツ姿もちらほら。c0148627_131655.jpg
ミックスシーフードフライ&チップス/レッドチャウダーc0148627_1323573.jpgc0148627_1324850.jpg
せっかくなので…前回ピローがやっていたポーズを。c0148627_1334771.jpg
「あなたもやるんかい!!」
c0148627_136337.jpg
曇り空の下、のんきな親子がここにいます・・・

本当はビーチ沿いを歩いたりしたくて、海気分を味わいたくて、ショートパンツなんかまで履いて来ていた母ですが、あまりにも風が強くて、立っているのもやっと。さすがに歩くの大好き母も「歩きたくない・・・」と言ったので、これまた前回のコースですぐ近くの『Cheesecake Factory』に行きました。窓際に座って、ヨットハーバーを眺めながらゆったり過ごす時間。。。と思いきや、おしゃべりに夢中で外の景色をあまり見ることもなく…というのが現状でした。母のリクエストでGodiva Cheesecakeをデザートにいただきました。
c0148627_1310471.jpg
母は私とは違って生クリームラバーなので、生クリームだけでも食べられるほど。さすがにこの量には驚いていましたが…。

*****
帰国を前に、旅の最終ディナーは必ずここと決めている(らしい)Culver Cityの『Fraiche』。母の大のお気に入り(らしい)です。ボコも私も大好きなレストランなので、母の旅が決まった瞬間から予約を入れておきました(笑)。

本日のディナー
フォカッチャなどはオリーブペーストでいただきます。
c0148627_13134135.jpg
《前菜》母&私:マッシュルームサラダc0148627_13144267.jpg
ボコ:フレンチフライc0148627_13151841.jpg
《メイン》母:ステーキ&フレンチフライc0148627_1316754.jpg
ボコ:あんこう+ほうれん草&マッシュドポテトc0148627_13164720.jpg
私:TORTELLIc0148627_13194821.jpg
私のブログで見て以来、どうしても食べたかったらしいこのステーキ。どうやら期待通りのおいしさだったとのこと。ステーキは断然日本のほうがおいしいと思っている母と私。でもこれは日本並みにおいしいと思います。おまけに多すぎず、少なすぎず…の量が食べやすいです。

私はこのレストランの大ファンなのですが、メニューがいつも定番なのが少し難点。もう少し色々新しいものにもトライしたいと思っているので、新しいものをもっと出してほしいな〜なんてわがまま言いたいです。ボコは定番好きな人なので、変化はあまり求めないようですが、私は何でもいろいろトライしたい派。食事なんて特にいろいろ食べたいと思っているので…ちょと飽き気味なわがまま娘です。
c0148627_13262275.jpg
ブランチやランチもあるようなので、そちらもトライしてみたいでーす♪

今夜も楽しい楽しい時間を過ごし、「お父さん何食べてるかな〜。」なんて言いながらステーキを頬張っていた母。母はこうしてこちらで栄養をどんどん蓄えていますよ〜と父に言いたい。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-04-15 12:51 | お出かけ
母もあと数日で日本に帰る日がやって来ました。そんな中、やっぱり行っておきたいアウトレットモールに朝からGO!車で数時間走って着いたのは、「Cabazon Outlets」。山を越え越えモールに行くため、途中「道合ってるよね?」と不安になってしまうのですが、砂漠のような山々を越えると、無事巨大アウトレットモールに到着です。

正午頃着いた私たちは、ショッピングの前にまずは腹ごしらえ。
c0148627_332611.jpg
母はすっかりはまっているボリュームたっぷりホットドッグc0148627_3323124.jpg
私はスパイシーチキンサンドイッチc0148627_3331973.jpg
フレンチフライは2人でシェアしました。これでこれから始まるショッピングのパワーチャージ完了。

この後は、ご想像通り、日が暗くなる頃までショッピングに明け暮れた私たち。遠くまで来た甲斐あって、お得なショッピングができました。母の荷物は、帰る間際にも関わらずまた増えていくのですが・・・(笑)。

*****
この日ボコは、元会社の同僚と食事に出掛けました。母のリクエストで、コリアタウンの『BCD TOFU HOUSE』に行きました。やっぱり帰る前にもう一度食べておきたいものらしいです。ボコがいる時は、アルコールも置いている『Beverly Tofu House』に行くのですが、母も私もスンドゥブの味はBCDのほうが好み。こちらのスンドゥブのほうがあっさりしているのが理由。でもナムル系はBeverlyのほうが断然おいしい。家庭的な味。なので、気分によって変えています。

本日のディナー
多彩なナムルたちc0148627_16371556.jpg
母:野菜スンドゥブ/私:キムチスンドゥブc0148627_1638350.jpg
こちらの豆ごはんが大好きな私。辛さを選ぶ時、私は一番辛いスパイシーを選んだのですが、これが辛い!!Beverlyのほうのスパイシーは、程よく辛いので大丈夫ですが、BCDのは相当辛く、ヒーヒー言いながら食べました。おいしかったけど、ちょっと辛すぎたので次はミディアムにしよう。

c0148627_16403913.jpg
大好きなスンドゥブを待つ母。すでに大満足の様子です。ここ数日は真夏日でしたが、この日は注意報が出るほど風が強くて寒かった。スンドゥブ食べるには、ちょっと暑いかな〜と思っていたけど、この日の寒さにはちょうどよかったみたい。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-04-14 16:12 | 外食
今日のランチはタイ料理。いつもは近所の『Natalee Thai』に行くのですが、さすがに母も数回行っているし、新しいところに連れて行ってあげたいと思い、前回ピローと行ったBeverly Hillsの『Cafe Talesai』に行きました。

本日のランチ
ランチメニューより
ナス&厚揚げのピリ辛炒め/グリーンカレーc0148627_28230.jpgc0148627_281611.jpg
やっぱりここのランチは素敵です☆お手頃価格な上、このボリューム。サラダ、春巻き、ライスが付いているし、味もいい。ランチは「お得感」って結構重要だと思いません?

*****
母とのお出かけも、ついにネタ切れ気味。毎回遊びに来てくれる度に遊びほうけている親子なので、そろそろ行く場所が…と思っていたところ、SorairoSちゃんブログ「ロスの空からこんにちわ」
に、興味ある場所が載っていました。>Sちゃん、いつもホットな情報ありがとう!!おまけにまたまたナビありがとう!!

向かった先は、LAから東北に位置するGlendaleの新スポット「The Americana at Brand」。ここはまるでLAの「The Grove」。どうやら同じ系列らしいです。屋外モールで、素敵なショップが立ち並び、トロリーが走っています。c0148627_156494.jpgc0148627_157517.jpg
トロリーに乗ると気持ちい〜い。
c0148627_1591718.jpg

大好きなショップも数件入っていたので、さらにうれしさ倍増。ちょっぴり優雅な気分になれるゆったりとした屋外モール。やっぱり外は気持ちいいねぇ。

*****
さんざん遊んでいる午前&午後ですが、さらに夜のお楽しみがありました♪この日は、ピローもディナーに参加してくれ、4人でスイスレストラン『Chalet Edelweiss』に行きました。

本日のディナー
スイスのお隣さん“ドイツビール”で乾杯(ちなみにピッチャーでオーダー:笑)
c0148627_2254871.jpg
ボコ:コーニッシュめんどり
c0148627_219992.jpg
その他3人:サラダ&パン
c0148627_2221178.jpg
シノワ風フォンデュ
(カレーやピリ辛タルタルなど5種類のソース)c0148627_2212050.jpg
スライスビーフを始め、2種類のソーセージ(豚&チキン)c0148627_2214823.jpg
食事前にピローが、「今夜殺人事件が起こるよ〜。」とボコに話していました。というのも、「チーズフォンデュ&ビール=危険な組み合わせ」と思っているピローだからです。さっぱり理由がわからないボコは「・・・」。そんな話、日本人だけのものなのでしょうか?

このように、私はチーズフォンデュを食べる気満々で挑んでおり、前々から次回は大好きなコーニッシュめんどりを食べると決めていたボコをよそに、ピロー&母に「オーダーは私に任せて!」なんて張り切っていたものの、目の前に登場したお料理が上記のものだったため、3人とも目がテン・・・。「私こんなの頼んでないけど?」とまだ半信半疑の私。これもフォンデュという食べ物なのですが、「チーズ」ではなかったようです。じっくり説明も読まずに頼んだ私の誤算。みんなごめーん。普段は辛口ピローも、こんな時ってとってもやさしいんです。「いいよ、いいよ、これもおいしそうじゃん。初めてだしいいかもよっ。」な〜んて言ってくれました。

こちらのフォンデュは、野菜ストックのスープに、日本で言う“しゃぶしゃぶ”のようにお肉系をしゃぶしゃぶし、周りの各ソースでいただくもの。始めは食べ方すらわからず、お店の人に笑われながらようやくスティックにお肉を刺して、しゃぶしゃぶさせていただきました(笑)。これが意外と楽しくて、ドンドンしゃぶしゃぶしちゃうわけです。間違ったけど、結果は大好評。えっへん。

しゃぶしゃぶ中も、超マイペースボコは、ひたすらめんどりをおいしそうに食べ、ピローとビールを飲み、大満足気。ピッチャー以外にも、2人は第2ラウンドにいっていました。実はこの日、私は仕事。駐車場まで約5分だったため、ギリギリの時間にお店を出て、3人は我が家に帰って行きました。
c0148627_2421889.jpg
楽しそうな3人に見送られ、今夜も楽しく仕事に出掛けた私。こんな時大好きな仕事でよかったと心から思いました。そうでなきゃ、絶対に行っていないよねっ、会社に(笑)!(レストランにじゃなく;苦笑)空港までのシャトルバス車内で、ずっと“エーデルワイス”が頭の中を回っていたのは、私だけだったのでしょうか・・・?
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-04-13 01:37 | お出かけ
こちらの水族館でおもしろかったことが、「ふれあい」の場が多かったこと。水族館でふれあい?

「エイ」を触るボコc0148627_15402360.jpg
ミニサメを触る私c0148627_15405384.jpg
子供も大人もみんな触ってますよ〜。c0148627_15413279.jpgイソギンチャクコーナーでもみんな触りまくり〜。c0148627_1542928.jpg
母は、「ふれあい」にも驚いていたのですが、何より身を乗り出して触りまくっている人たちにも驚いていました。こういう時、ボコも体を乗り出して、必死で触っているので、「やっぱりボコもアメリカ人なのね〜。」と言っていました。ずっと一緒にいると、何だか日本人のように感じてくるようですが、ボコは間違いなくアメリカンボーイ?です(笑)。

そんな母も、何やら必死でボコと見ているものがありました。c0148627_15463795.jpg
アシカとオットセイ。c0148627_1547381.jpg
彼らは、決してショーをしていたわけではないのですが、大声でなくオットセイがいて、その様子が本当におかしくて、ボコと母は30分以上見入っていたと思います。私は少し飽きてきてウロウロしていたのですが、2人はどうやら相当気に入ったようで、なかなかその場を離れませんでした。でも、この前にずーっといた人たちが他にもたくさんいて、やっぱり今日一番の人気者だということが証明されました。よっ、ヒーローたち☆

私が一番魅了された生き物は…
c0148627_15501380.jpg
ポップカラーがとってもオシャレなカエルたち。ターコイズブルーや、蛍光イエローのカエルもいたりして、本当にキュート。思わず水槽の前にしがみついていたほどです。

それぞれのお気に入りにも出会え、とっても楽しい時間を過ごせた私たち。水族館の前にはきれいな海が広がり、たくさんのレストランが立ち並んでいました。
c0148627_1553426.jpg
お天気にも恵まれ、本当に気持ちのよい午後。寛平ちゃんも、こんなきれいな場所に到着して、気持ちよかっただろうな〜。
c0148627_15553091.jpg



*****
さて、水族館の帰りに「どうよ?」って感じですが、この日の予約はGardenaにあるお寿司屋さん「かんぱち」。
母:ちらし寿司
c0148627_15572685.jpg
ボコ:握り寿司各種(サーモン/まぐろ/トロ)&スパイシーツナロールc0148627_15582148.jpgc0148627_15583799.jpg
私:おまかせコース
c0148627_15594945.jpg
c0148627_15592739.jpg
c0148627_160197.jpg

ま ん ぷ く。 海 の 幸 ば ん ざ い。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-04-12 10:40 | お出かけ