<   2009年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

前半を多いに楽しんだ私たちは、ちょこっと休憩に入りました。目の前に「Granny's Apple Fries」というお店を見つけ、あまりお腹は空いていなかったのですが、どうしても食べたいと思い購入。
c0148627_130434.jpg
フレンチフライの中身が、りんごに変わったもの。揚げ物なので、重そうに感じますが、中はさっぱりりんごのため、なかなか軽いおやつです。母はシナモンクリームをたっぷり付けて食べてましたが・・・。LEGOLANDの名物なのか、子供から大人までみんなここに立ち寄って食べていました。

おやつの後は、『SAFARI TREK』へGO!
c0148627_1364078.jpg
大好きなキリン/シマウマc0148627_1354183.jpgc0148627_1372324.jpg
猿の親子/ライオン親子c0148627_1363756.jpgc0148627_1365180.jpg
アニマル柄の乗り物に乗って、サファリパークを探検しました。乗り物に2人で乗り込もうとした時、「大人は1台に1人ねっ。」と言われ、ちょっと恥ずかしかった私たち。みんなは大人&子供で乗っていました。さりげなく動物園の臭いがした気がするのですが、気のせいかな〜?!

続いては、『FAIRY TALE BROOK』へ。ここは、おとぎ話のシーンを見ながら、葉っぱのボートに乗って回るもので、とってもキュートな空間です。
c0148627_1453894.jpg
3匹の子ぶたに始まり、眠れぬ森の美女c0148627_10501648.jpgc0148627_10504372.jpg
ジャックと豆の木もあり、洞窟の中にはアラジンと魔法のランプc0148627_10523014.jpgc0148627_1053046.jpg
自然の中に浮かび上がる「おとぎ話」がとっても神秘的です。

「おとぎ話」を楽しんだ後は、パーク内を散策。「HOLLYWOOD」ならぬ、「LEGOWOOD」サイン発見!
c0148627_14183174.jpg
プラプラショッピングを楽しんでいる時も、窓を見上げるとこんな光景が。
c0148627_14161915.jpg
木陰に私の愛車発見。
c0148627_14185742.jpg
そろそろ帰るとするか。

楽しい楽しい時間を過ごしたLEGOLAND。大人も満足のテーマパーク間違いなしです。母とリラックスした時間を過ごせて、自然の中で大好きなLEGOに囲まれながら、とっても癒された時間を過ごせました。

*****
LEGOLANDを出てすぐ、「STRAWBERRY」の看板発見。ちょっと様子を見に寄ってみると、そこにはいちご畑が一面に広がっていました。
c0148627_14234625.jpgc0148627_14253763.jpg
広がる畑の前には、販売店もありました。c0148627_14261647.jpg
おいしそうな「いちご」がぎっしり!c0148627_14265682.jpg
日本でも、こういう販売店で新鮮野菜やフルーツを買うのが大好きな母は大興奮。気づけば、いちごパック数個にトマトなどを持っていました。いちごを味見させてくれたのですが、これが本当に甘〜い。今度はいちご狩りに来たいな〜と思いながら、思わぬ喜びに幸せ一杯の七味親子なのでした。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-03-31 19:22 | お出かけ
私の今の夢は、北欧旅行。スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、そしてデンマーク。私がずいぶん昔から憧れている国々です。いつか行きたいと思いながら、10年以上が経っています。北欧のリネンや食器、家具も好き。社会保障などの制度にも興味あり。北欧男性の顔も私好み。そして、デンマークの「LEGO」が大好きなの〜!!!

ずっと行きたかった近場のLEGOLAND。本場デンマークに行く前に、必ず行っておきたかったカリフォルニアのLEGOLAND。子供のテーマパークだと思い込んでいるボコは、大人2人で行くことにあまり乗り気ではなかったので、何にでも興味のある母が来たら行こうと密かに計画していた私。そんな時、cafemamanのご好意でチケットを無料でいただいちゃいました。>ママ、本当にありがとうねっ!(それも3枚も!)

車で2時間弱のドライブの末に着いたCarlsbadにあるLEGOLAND。お天気にも恵まれ、最高のテーマパーク日和となりました。
c0148627_1442289.jpg
入園後、まずは腹ごしらえ。ターキーサンドイッチ(母)とブルーベリーマフィン&グラノーラヨーグルト(私)を食べながら、地図を見て予定を計画。
c0148627_1461990.jpg

まずは、ボートに乗って世界を巡る旅に出ました。
c0148627_14749100.jpg
オペラハウス(オーストラリア)/タージマハル(インド)c0148627_14115143.jpgc0148627_14171264.jpg
エッフェル塔(フランス)/ラシュモア山(アメリカ)c0148627_14164450.jpgc0148627_14194350.jpg

世界をボートで巡る旅。何て贅沢なんでしょう。
c0148627_14231259.jpg

続いて、「ミニランド」へGO!
c0148627_14292819.jpg
目の前に広がるは、ラスベガス
c0148627_14302443.jpg

少し歩くと、ホワイトハウスが!さらにオバマ大統領の就任式が始まりました。c0148627_1432519.jpgc0148627_14313769.jpg
就任式を見れるなんて、とってもラッキー?!

ワシントンDCを出た後は、「レゴアート」を見に行きました。
c0148627_14343894.jpg
モナリザ/ヴァン・ゴッホc0148627_14423961.jpgc0148627_14423861.jpg
ムンクの叫び/アンディー・ウォーホルのマリリン・モンローc0148627_14433882.jpgc0148627_14435292.jpg
考える人の横で考える母と、ベートーベンの横でうれしい私c0148627_14441998.jpgc0148627_14441947.jpg

ちなみにこれ、ぜーんぶLEGOで出来てます。感動ものですよ〜。アートで作られたアート。人間ってすごすぎる!!
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-03-31 13:48 | お出かけ
気づけば、年に数回LAに遊びに来てくれている母ですが、そんな母が毎回リクエストすることがあります。
・スンドゥブを食べに行く
・ショウロンポウを食べに『ディンタイフォン』に食べに行く
・アウトレットモールに買い物に行く
・ピローに会う

これにもちろん、「ボコと楽しい時間を過ごす」というプラスが付きますが、上記は必ず毎回制覇している母です。LAに来る数週間前から、必ず電話で「ピロー君との予定入れておいてね。」と言われている私は、母の到着からなるべく早めに予定を入れるようにしています。念願叶い、到着後4日目にピローとランチすることになりました。場所はBeverly Hillsにある『India's Grill』。

本日のランチ
マンゴーラッシー(母)/アイスティー(ピロー)/スイートラッシー(私)
c0148627_931175.jpg
ランチスペシャルから2品、カレーから1品&ナン
c0148627_13123530.jpg

チキンカレーセット/チキンビンダルーセットc0148627_13114371.jpg
ほうれん草&チーズカレーc0148627_13144199.jpg

ヨーグルト好きな私にはたまらないラッシー。甘いラッシーと塩味ラッシーがありますが、私は甘いラッシーをオーダー。ラッシーを飲むと、何だか腸がきれいになる気がする私。気持ちいい〜。以前ランチスペシャルを頼んで、あまりのボリュームに驚いたのですが、この日は3人いたので、ちょうどいいかと思いセットから2品頼みました。サラダ、豆料理、ご飯が付いています。以前驚いたにも関わらず、やっぱり今回もこのボリュームに再び驚きました。どうしてもほうれん草のカレーも食べたくて、通常メニューから注文。食感はこってりしていますが、味はさっぱり。これまた体によさそうなカレーです。パン好きな私は、カレーをナンでいただき、ご飯好きなピローと母は、ライスでカレーを食べていました。程よい辛さと、甘いラッシーが見事にマッチ。何だから体の中が洗浄された気分です。

相変わらずオモシロおかしい話で大盛り上がりの私たち。私はせっせと食べていましたが、ピローと母はおしゃべりに夢中。2人で何だか盛り上がって、大笑いしながら久しぶりの再会を楽しんでいた様子。楽しいランチの後は、我が家に行っておやつを食べながらまたまた楽しい話題に花を咲かせました。久しぶりに会っても、普通に話している2人は、まるで友達。一瞬、私の友達と母という構図を忘れてしまいそうになりました。この3人で集まると、2人が話をして盛り上がり、私は意外とマイペースに自分のことをしているというのが図式です(笑)。

***この日の夜、私は出勤日***
夏時間に代わってから、私のスケジュールもさらに遅くなったため、夕食を一緒に食べることができます。この日の夕食は、ボコの好物“鶏の唐揚げ”、サーモン刺身、お味噌汁、サラダでした。母が日本から持って来てくれた和歌山の銘酒“黒牛”と共に、2人は乾杯していました。
c0148627_13271747.jpg
たっぷりサラダ・・・矯正の身にはちと辛い。
c0148627_13281378.jpg

2人を残して、さぁ〜私は仕事に出るのだ。何だか子供たちを残して、仕事に出掛ける「父さん」気分になった私なのでした。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-03-30 08:55 | 外食
午前中は私仕事に行ってまいりました。母が来ている期間は、朝のシフトは週3日(日系のみ)で、夜のシフトが週3日(アジア系)にしてもらっています。おかげで、久しぶりの「お気楽〜♪」な時間をたっぷり過ごしています。家で軽くランチを食べた後は、母が来ると必ず出掛ける場所の1つ『The Grove』に遊びに行ってきました。
c0148627_1202462.jpgc0148627_1204197.jpg
The GroveはすっかりEasterの準備がされていました。これを見て、「数年前もイースターの時期に来ていたわ。」と思い出していた母。以前より、少しだけデコレーションもシンプルになっていましたが、イースターはパステルカラー&うさぎ&卵がかわいいので、メルヘン気分にさせてくれるちょっとかわいい時間になりました。少し曇り空が残念でしたが、やっぱりのびのびした屋外モールの雰囲気が好きらしい母でした。
c0148627_1265836.jpg

***ショッピングの後は、Korea Townへ***
母がアメリカに来ると、必ず食べたいというものの1つが、韓国料理「スンドゥブ」。私も定期的に食べたくなるスンドゥブなので、気持ちはよーくわかります。以前日本に1年間帰っている時、LAに帰って来て1番に食べたいものが、スンドゥブだった気がする・・・。

韓国デパートをプラプラした後、これまたいつもの『Beverly Tofu House』(Korea Townにあるのに、なぜか名前はBeverly:笑)に行きました。庶民的な雰囲気と味がやっぱり落ち着くこちら。サービスも相変わらずいいし、お料理はおいしいし、やっぱり「おふくろ」的な雰囲気が好き。母とボコは、韓国ビール&焼酎で乾杯。結構軽めの“hite”ビールc0148627_1441832.jpg
“saan”焼酎c0148627_146816.jpg
すっかり2人で盛り上がってます。(ちなみに私は運転手)
とっても“おふくろの味〜”なナムルたち
c0148627_1371339.jpg
母は定番「たらこ」スンドゥブ+赤飯
c0148627_1393258.jpg
ボコはスパイシーチキン+白飯
c0148627_140435.jpg
私はマッシュルームスンドゥブ+赤飯c0148627_139238.jpgc0148627_1404215.jpg
辛さが「マイルド」な母と、「ホット」な私のスープの色の差がすごい!こちらの赤飯もとってもおいしくて、やっぱりアジア料理はおいしいわぁと改めて実感。スンドゥブって、ヘルシー料理の代表かな??

ビールと焼酎でほどよく気持ちよくなっている2人を乗せて、私は大好きなBOBAを飲みながら家に帰る。Korea Townで買うBOBAはやっぱりおいしいと思う。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-03-29 01:18 | お出かけ
昨夜12時にベッドに入り、そのまま朝まで一気に眠った母、今朝9時に目を覚ましスッキリ(らしい)。時差ぼけ知らずは、この睡眠からきているようです。

母が来る前から、いくつかのレストランを予約しているのですが(勝手に:笑)、このレストランは母のお気に入りでもあります。Abbot Kinneyにある『Joe's Restaurant』でブランチしました。予約時間より少し早めに着いたのですが、席まで案内される途中、左手にmomoaちゃん家族を発見!びっくりして、「あっ、あっ、あっ。」。写真でしか知らなかった、超かっこいい旦那さまとかわいいK君と一緒にブランチしてました♪すると、momoaちゃんが「ママンさんもいますよ〜。」と右手を指してくれた。その先には、cafemamanことママが、少し多めのグループでお食事してました。

もうびっくり!!!

母もいっぺんにブログ上でしか知らないみなに会えて、とってもうれしかった様子。「これで、今度から想像しながらブログを読めるから、楽しめるわ〜。」と言ってました。簡単な挨拶をさせてもらって、席に着きました。(ゆっくり挨拶できずにごめんね〜。)

本日のブランチ
ここでの大好物、ブリオッシュ&バナナブレッド
c0148627_10493590.jpg
前菜より サラダ(母&ボコ)
c0148627_1051102.jpg
フルーツプレート(私)
c0148627_10513537.jpg
メインより フレンチトースト(母)
c0148627_10522767.jpg
下からポテト、スクランブルエッグ、スモークサーモン、キャビア+クリーム(ボコ)料理
c0148627_10531887.jpg
パンケーキ/スクランブルエッグ/ベーコン(私)
c0148627_10535044.jpg
母とボコはアルコール類で乾杯♪私は目覚めと運転手のためカフェオレでひと息。全体的に少し量が減っている気がしたのですが、相変わらずサービスもよいので気持ちのいい時間が過ごせました。ブリオッシュが少しパサパサしていたのが少し残念。でもジャムもおいしいし、ヨシとしよう!写真を公表したいほど、母はデレデレ顔です。
c0148627_11161855.jpg

***ブランチの後はサンタモニカへ***
海が大好きな母は、必ずサンタモニカに行きたいと言います。やっぱり和歌山っ子ですな。この後、気持ちいい天気の中、3rdプロムナードを母と2人でショッピング三昧。その間ボコは…スポーツバーで、カレッジバスケットボールの観戦してました。応援しているチームが勝っているので、大興奮のようです。
c0148627_11183220.jpg

サンタモニカを満喫した後は、日系スーパーに立ち寄って食材購入。すると、誰かが突然思いっきり私にタックルしてきました。「あ〜ん?」とヤンキーっぽくにらみを入れてみると、そこにはピローが!!!こんな突然の登場に、超仲良しのピローと母は大興奮。2人ですっかり話し込み始めてました。そんなわけで、今回の日記のタイトルを付けてみました。偶然=momoaちゃん、偶然=ママ、突然=ピロー。すっごい1日となりました。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-03-28 21:40 | 外食
朝から日系航空勤務の日。いつものように到着担当の私は、到着に備えて仕事をしていました。ここ最近は、飛行機が少し遅れての到着が多かったのですが、この日は予定より10分ほど早い到着との連絡を受けました。急いで準備に取りかかりました。

私の仕事は、到着に備えての書類作成に始まり、車いすの準備、社内郵便物受け入れの準備などをオフィスでしてから、出発ゲートの準備をし(←到着ゲートから数時間後出発するため)、「もうすぐ到着します」の連絡をパイロットさんからもらったら、急いでゲートに行き、飛行機が到着したら荷物の「回転台番号」を空港からもらって、バッグルームや滑走路にいるスタッフに連絡して、飛行機がゲートに牽引されてきたら(飛行機は自分でパークしませんので)、乗客数を空港に伝えて、飛行機がパークした時間をもらい、飛行機からお客様を降ろしてもいいかの確認をもらって、やっと飛行機のドアを開けることができます。飛行機が到着してから、お客様を降ろすまでの数分が、ものすごい緊張感と忙しさです。荷物回転台番号なんて、この時にもらうなんて初めて知りましたもーん。

飛行機が到着してからも、クルーの代表の方から、いろんな書類を受け取ったりといろいろ業務があります。それらをこなし、急いで書類を持って、国境警備局の事務所に行って、スタンプをもらったりします。そのままお客様に「回転台番号」などを伝えるアナウンスを日本語と英語でします。その後は、入国審査での通訳や、大きな荷物や壊れ物などの荷物をバッグルームから引き取り、お客様に渡したり、乗り継ぎ便のお客様に案内したり…まだまだ仕事は続きます。

バタバタバターっと↑の仕事をこなし、回転台付近に立ち止まった時、母を発見!相変わらずぽ〜っと立っていました。旅には慣れてくれているので、荷物も受け取り、後は税関を通って外に出て行くだけでした。前日打ち合わせしておいた通り、「外のロビーで待ってて」と話して、そのまま私は業務に戻りました。この日は、荷物の関係で少し手こずりましたが、時間内に仕事終了。そのまま母を捜しに行ったものの、いるはずのロビーにいない。おまけに私は携帯を車に忘れて来ていたため、母の携帯に電話できず、とりあえず逆のロビーに行ってみると、ぽ〜っと座って本を読んでいました。(ミセス・マイペース:笑)
c0148627_247354.jpg

空港から家に帰宅途中、Marina Del Reyの『The Counter』(以前“ママのおうち”で見てずっと行きたかったハンバーガー店)に寄り、ランチを食べました。

本日のランチ
スイートポテト&オリジナルのフレンチフライ
c0148627_2501672.jpg
ベジタブルバーガー+野菜+オリジナルバンズ(母)c0148627_2511012.jpg
ベジバブルバーガー+野菜+イングリッシュマフィン(私)c0148627_2515558.jpg
せっかくのMarina Del Rey店だったので、きれいな外で食べたくて、お持ち帰りにしたものの、すでにテーブルがいっぱい。そんなわけで、お店の前のベンチで食べることに…
c0148627_2552694.jpg
すっかりアメリカーンな生活を体験してもらっています。

ランチの後は、家に帰ってスーツケースから、祖母、叔母、両親からのたっくさんの食材やお土産をもらいました。相変わらずボコにたくさんあるような・・・。スーツケースや部屋の整理をしてから、ボコが帰宅するまで家の近所をプラプラ散歩。まったく時差ぼけのない母は、毎回到着してすぐでも、とっても元気です。これには関心する娘の私です。ありがたや、ありがたや。

***ボコと数ヶ月ぶりの対面***
前回会ったのが、11月のハワイだったので、約4ヶ月ぶり。ボコがほっぺにキスをしてくれるもんだから、母照れながらもうれしすぎてにやけ顔。ハグにキスに、すっかりアメリカーン。ボコにたくさーんのお土産を私、大喜びの2人♪その後、プラプラ歩いて、Culver City Downtownの『Rush Street』に行きました。
c0148627_305317.jpg
3人でビール飲んで、カクテル飲んでの食事。3人とも、そんなにお腹が空いていなかったため、前菜類を注文。ザリガニ&カニのスライダー(奥)/豆腐ラビオリ(手前)
c0148627_34297.jpg
カラマリc0148627_36275.jpg
こんな感じで、お酒を飲みながら、楽しい時間を過ごしました。これからの母との3週間遊びまくる日々に備えて、今夜はぐっすり眠るのだ。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-03-27 02:08 | 日常生活
かれこれ何年ぶりでしょう??髪の毛を半分以上切ってきました。YEAH!!

基本的に私はショートヘアの女性が好きです。何だかおしゃれっぽく見えるし、女性だからこそ、ショートヘアなのにセクシーというギャップを利用したい。小さい頃、中・高時代は、半分以上がショートだった私。中でもボブヘアが多かったと記憶する。大学生になって、ロングにしたり、クリクリパーマかけたり、前髪パッツンにしたりなど、いろいろヘアスタイルでも遊んでみましたが、やっぱりショートのほうが私らしい気がしていました。

社会人になって、結構長い期間ロングヘアを楽しんでいました。けっこうくせがあるので、お手入れは便利なのですが、私は髪の毛を縛ったり、アレンジしたりするのがあまり得意ではありません。できればドライヤーで髪の毛を乾かして、ワックスでも塗って終わりたい派。ヘアスタイリストさんにお願いすることは、「ドライヤーで乾かせばいいだけの髪型にしてくださーい。」です。

髪の毛を切った理由は、失恋したわけでもなく、ずっとやりたい髪型があったから(笑)。ここ数年は、ずっと耳にかかるくらいのショートボブに、白髪っぽい薄いピンク色の髪型にしたかったのですが(ここはアメリカ!)、日系航空会社が始まった今、さすがにこの色はいけないらしく、あっさり自分の中で却下。続いて、昨年11月にハワイでのウエディングパーティーがあったため、その時は地毛でアレンジしてほしかったので、ずっと切れずにいた。そして、一番の決めては、今働いている会社のルールとして、肩にかかる髪の毛は必ずくくらないえればいけないというもの。さらに日系航空会社では、その髪の毛をいわゆる「お団子」にまとめなければいけないというもの。

髪の毛をいじることが苦手(むしろ嫌い)な私が、毎朝「お団子」なんてやってられるか〜!!1つに束ねるなら、ぼっさぼさでもいいし、適当に束ねればいいけど、「お団子」にまとめるなんて・・・おまけに本来は「ネット」使用とのこと。そんなの「おばはん」みたいで絶対にイヤ!飲食店勤務じゃないんだから、髪の毛がお料理に落ちるという心配もないのに、私にとっては意味のないルールにしか聞こえない。昔から、学校の規則なんかは守っているようで、実はしら〜っと反則していた私。納得いかないことや意味のないものは、やっぱり「守ります」という気持ちにはなれなかった。なので、もう子供じゃない私は、たかが髪型のために夢の仕事を首になるのもイヤだし、あほらしいし、それなら守らなくていいように「切っちゃえ!」って思った。髪の毛は伸びるし、切ることにまったく抵抗がないので、一番簡単な方法を選んだというわけです。

前置き長くなりましたが、スタイリストさんにほぼお任せして出来上がったヘアスタイル。彼はすっかり私の趣味をわかってくれているので、「おまかせ」専門です。前髪は長く(8:2分けをしたい)、前サイドは長め。そして基本は「ボブ」ということで、こんなんできました。ディナーのピザ箱を持ってパチリ。
c0148627_14132188.jpg
カラーも結構明るめ。
c0148627_14193262.jpg
サイドはアシンメトリー。
c0148627_14183639.jpg
どうかしら?

今回の髪型変更前、ロングヘアー好きなボコに報告した。「ボクはロングがいいと思うな〜。切らないでほしいな〜。」と、「髪の毛」に執着?しているボコです(笑)。でも私はいくらボコがロングでいてと言おうが、やっぱり自分が心地よくいたいし、自分のファッションの一部なので、聞く耳なしです。なので、相談ではなく報告で(苦笑)。そして、ピローには相談。するとピローから、「ボクがいいと思っている髪型があるから、メールで送るよ。」とのこと。早速メールが届き、添付写真を開いてみると・・・「パリス・ヒルトン」オンパレードでした(爆)!

つい先日、ピローが車を運転中に、これまた運転中のパリス・ヒルトンとすれ違ったらしい。それまでは、そんなにファンではなかったピローも、あまりのオーラに感動。おまけににっこりあの笑顔をされたらしく、すっかりメロメロ?そんなわけで、彼の中で今「時の人」になりつつあるパリス・ヒルトン嬢の写真をたくさん送ってくれたのです。本物の彼女の髪型がとってもおしゃれだったらしい。サロンでも一応「パリス・ヒルトンとか?」とは言ってみました。金髪のパリスとはちと違いますが、なかなかお気に入りの髪型になりました。写真はドライヤーで乾かしただけのスタイル。これにワックス付けても、数秒でアレンジ終了。やったね!あとは、いろんなファッションにトライして、ショートボブを楽しみたいと思います♪

明日いよいよ母がLAに到着。おまけに私が働くエアラインに乗って来ます。さらに私は「到着」担当です。なかなか出来ない対面ができそうで、今からワクワクしています♬いろんなところに遊びに行く予定なので、新しい髪型とファッションの写真をたくさん撮りたいと思っていま〜す。
[PR]
3月2日ひな祭りの前日、ボコの親友アナが無事出産を終えました。予定日よりずいぶん早く破水してしまったりと、少し不安もありましたが、元気な男の子が誕生しました。温かいコメントをくださったかたに、この場をお借りして、「ありがとうございました」と伝えさせてください。
c0148627_13162232.jpg
33週と5日で産まれたため、少し小さめの男の子ですが、母子ともに元気とのことでほっとしました。実生活でもヴィンテージにこだわった生活をしているアナ夫婦の子供なので、将来がちょっと楽しみです。どんな少年に、青年になっていくんだろう。産まれた時から、ヴィンテージな家に住み、ビンテージ家具に囲まれ、ヴィンテージ服を着るのだから、やっぱりユニークな男子になるんだろうな。意外と「宇宙飛行士」とか“未来”を目指す子になったりして(笑)。

アナ夫婦からそんなベイビーの紹介カードが届きました。
c0148627_1393858.jpg
名前はスチュアート。体重約1.8kg/身長約43cm

映画にある“リトル・スチュアート”とリトル(幼少)の間は呼ばせてもらおうと思っています。カードには、リトル・スチュの写真と、母になったアナの詩が書かれていました。

“スチュアートへの詩
 毎朝目が覚めて、あなたが元気に生きていることを知ると、
 私がまだ親として大丈夫だっていう気持ちにさせてくれるの。
                  ーアナー
            2009年3月18日 3:05am”

初めて母になったアナの初々しい気持ちと、子供へ贈る詩のわりには、ちょっとおもしろい内容かな?というのと、夜中に「詩」を考えているアナっていうのが混じって、読んだ瞬間ちょっぴり笑ってしまった私。横を見ると、ボコも笑っていた。「やっぱりアナだよね。」って。

リトル・スチュ、あなたの将来が楽しみだ♪そして、黄色やオレンジ色の髪のアナが、親になっていく姿を見るのも実は楽しみなのだ。リトル・スチュ、元気に大きくなるんだよ。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-03-25 12:31 | 日常生活
はっきり言って私はミーハーです。今の仕事には、ある程度のミーハーさも必要かと勝手に思っている都合のいい私。そのほうが仕事が100倍楽しくなるからねっ♪やっぱり仕事は楽しまなくっちゃ。

先週は、芸能人オンパレードの日々でした。なんと木曜日から日曜日まで毎日有名人を見ることができました。出会えた有名人は、7人。うち日本人5人、アメリカ人2人。ミーハーにはたまらない週でした。

木曜日&金曜日は、日系航空会社で働く日。まず木曜日は、到着ゲートで、某有名ミュージシャン(2人組)の1人+ご家族をお迎え。感じのいい人で、やっぱりオーラがただよっていました☆バケーションの中、WBCも見に行くとのことでした。そしてその日の出発にて、私が今のところ世界で一番会いたい有名人(日本人男性1人/アメリカ人男性1人)の日本人の方を見ることができました。「いってらっしゃいませ」とご挨拶までさせていただいて。超有名人のため、残念ながら名前は公表できませんが(プライベートなことなので)、スポーツ選手です。(←ヒントはこれで勘弁して〜〜〜。)まぁ、私の友達はみな私が彼に会いたいということを知っているんですがね(笑)。

ちなみに彼には、エスコートの方が付いていました。特別室で搭乗を待たれていたのですが、向こうからゲートに歩いて来た時には、私の落ち着き度は0。ソワソワしてきて、いてもたってもいられず、やたらと口数が増えたり、ちょろちょろ動いたり。彼が搭乗されることは、数日前にわかっていたのですが、前日なんてわくわくしすぎて、なかなか眠りにつけませんでした。この日も到着ゲート担当だったにも関わらず、上司に「世界一会いたい人なんです!!」と懇願し、「それならば…最初で最後かもしれないから、出発ゲートに行ってお手伝いしておいで!」と理解ある言葉をもらい、みなの助けを借りながら、会うことができたのでーす。新人なのに、すっかり数人を振り回してしまった私です(苦笑)。

大好きな大好きな彼をお見送りした後、興奮冷め止まぬままパスポートとボーディングパスのチェックをしていたところ(これが本来の仕事です。)、パスポートを開くと…これまたミュージシャンのボーカル(グループ)さんではありませんか。思わず顔を上げてみると、彼でした。(こちらのヒントは、中年のボーカルの方で、私が高校生くらいの時に流行ったグループ)パスポートのサイン欄には、きれいな字でサインされていました。そして、隣のスタッフが「がんばってください」と声をかけたので見上げてみると、ボーカルさんと一緒に来ていた、これまたスポーツ界の大物選手(オリンピック優勝者)がいました。私も思わず「がんばってください」と声をかけると、さすがスポーツマン。かぶっていたパーカーのフードをはずし、ペコリと会釈して笑顔を見せてくれました。この彼、意外とかっこよくてびっくりしました。スタイルもすごくよかった。ちなみにどちらも男性です。

翌日の金曜日。到着担当だったので、飛行機の到着を待ち、ドアの前に立っていると、超有名コメディアン(2人組)の1人が降りてきました。「まちがいなく寝起き」って感じの顔&頭でしたが、TVでみるまま。背が大きくて、でもやっぱり目立つ。素朴そうでいい人っぽかったです。毎朝開かれるブリーフィングでは、必ずその日到着&出発される方のリストをチェックします。そのため、誰が帰るか、誰が来るかというのもわかるのですが、いざ仕事が始まると、やることが多すぎて一瞬忘れてしまうんです。なので、やっぱり有名人を見た時には、「あっ!」っとなってしまうのです。これに慣れる日が来るのだろうか・・・。

土曜日は、Beverly Hillsに遊びに行ったのですが、道でアメリカの女優クリスティン・チェノウィスさんにすれ違いました。
c0148627_9232647.jpg
日本では有名ではないと思いますが、たまたま彼女の出ている映画(『Deck the Halls』)をTVで見ていたため気づきました。前を歩いていたアメリカ人数人も気づいたようで、みな振り返っていました。私より身長が低く、とっても華奢な方でした。

そして日曜日。WBCの観戦に行った時、スタジアムの中で偶然にもジェレミー・ピヴェン氏に会いました。彼は大人気ドラマ『Entourage』(Ari役)に出ている俳優さんで、2年連続でエミー賞助演男優賞を取ったこともある実力派俳優さんです。私もボコもこのドラマの大ファンで、すべてのシリーズDVDも持っているし、オンエアー中は毎週必ず見ているほどです。ハリウッドのマスコミ界を描いたこのTV番組は、アメリカでも大人気のドラマなのです。

本当に偶然目の前にジェレミー氏がいました。私は飲み物を求めて1人でウロウロしていたのですが、思わずテケテケテケっと近寄って行き、「写真撮ってください。」と声をかけました。すると「お〜、いいよ。ボクも人気者だな〜。」と言いながら、快く写真を一緒に撮ってくれました。(by マネージャー風の方)
c0148627_936167.jpg
「ありがとう!」と喜んで、再生してみると、ちょっと画像が暗かった。フラッシュを切ってしまっていたのです。この後、一緒にエスカレーターを上っていたのですが(私たちだけ)、地上に着いた際、もう一度勇気を振り絞って、「写真が暗かったので、もう1枚撮ってください。」と声をかけた。すると「おっと、もう1枚かい?」とジェレミーが言い、これまた快く写真を撮ってくれた。
c0148627_940502.jpg

うれしくて、うれしくて、大喜びで席に戻り、ボコに「ちょっと〜、誰に会ったと思う〜。ボコ君、きっとジェラスするよ〜。」と言いながら写真を見せた。一瞬驚いていた様子のボコ。それも2枚も撮ってもらっている日本人の嫁。「すっごくいい人でさ〜・・・」といきさつを話すと、「よかった。好きな俳優さんの1人だから、いい人って聞けるとうれしいな。」と言っていた。でも、「あんまり遅いから心配したよ。携帯にも何度か電話かけたんだよ。」と言われた。携帯を見ると…着信アリ。その頃私は、ウハウハ言いながら、ジェレミー氏に近寄っていたに違いない。

さて、写真をボコに見せている時にふと思った。この日はものすごく寒くて、タートルにTシャツを重ね着し、フリースジャケットを着て、さらにボコの車に入っていた会社のロゴ入りナイロンジャケットを羽織い、ボコのマフラーを首に巻いて、毛糸のターバンを頭にはめて、ストライプ(ピンク×グリーン)の手袋という出で立ちだった私。有名人と一緒に写真を撮ってもらったものの、写真を見ると、まるで昔さんまさんが扮した“あみだババア”じゃありませんか!!笑うとさらに矯正器具が浮き出て、4本歯抜け。まさしく“あみだババア”。あ〜恥ずかしいったらありゃしないよ。「サンキュー!」と言って、笑顔を見せ、握手までやってもらったはいいけど、ジェレミー氏、私を見て怖かっただろうな。“げっ、変なやつが近寄って来た。これは写真を一緒に撮っておこう。何されるかわかんないぜ。”って思って、2度も笑顔をくれたのかな〜。あ〜、落ち込む。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-03-23 16:12 | 日常生活
行ってきましたよ、WBC観戦。会場がDodger Stadiumだったことと、私の仕事がなかったことが重なって、ラストミニッツでボコがチケットを購入してくれました。せっかくの日本対アメリカ戦なのに、午前中は雨が降り、強風。試合は西海岸時間の5時から始まったのですが、その頃には雨は止んでいたものの、気温は一気に下がっていました。カイロ持って、ニット帽持って、手袋持って、フリース着て、ブーツ履いて、ブランケット持って、万全の対策で挑みました。あとは会場で、ビールを飲んで体の中から温まればよかろうと…。
c0148627_16174887.jpg
会場の外では、記念帽子や国旗などが売店で売られていました。
c0148627_16224091.jpg

球場内に入ると、“こんなに日本人いたっけ?”ってほどたくさんの日本人ファンがいました。
c0148627_1625309.jpg
会場はすごい人〜〜〜。
c0148627_16244130.jpg

先発投手は「松坂大輔」選手でした。
c0148627_16265830.jpg
座席は、ラストミニッツに取ったにも関わらず、イチロー側を取れました。
c0148627_0401397.jpg

観戦しながら、ちょと一息。私はクリスピーチキンバーガー+フレンチフライc0148627_041293.jpg
ボコはベジタブルピザを食べました。c0148627_041322.jpg
もちろんビールは大事なお供です。

終盤に差しかかった頃、ボコが「七味の好きなプレイヤーが出て来たよ。」とのことで見てみると…「ダルビッシュ投手」ではありませんか!まさかの登場に、ラッキー☆周りの若い日本人女性たちも、キャーキャー歓声を上げておりました。やっぱり人気なのね、ダルビッシュ投手♡c0148627_0491863.jpg
c0148627_0505882.jpg
結果は、9−4で日本勝利。やったね!!!
c0148627_0515320.jpg
選手のみなさま、本当におつかれさまでした。明日はいよいよ韓国との決勝戦が待っています。この調子で、今年もまた優勝してほしいなと願っています。

さて、日本人の私とアメリカ人のボコがこのような試合観戦に出かけると・・・応援はどうなっているの?と疑問に思うかたもいらっしゃると思います。私たちのようなカップルは、私たちの周りにもたくさんいました。私はアメリカに住んではいるものの、もちろん日本人。そのため世界大会となると、やっぱり日本を応援します。だって自分の国ですもの〜。というわけで、隣同士に座りながら、夫婦でありながら、私たちはライバル。スタジアムに行く車中、「今は友達(夫婦)、でも会場ではライバルだからね!」と断言しておきました。この先も、オリンピックやワールドカップサッカーの時は、私たちはライバルとなるのさっ。
c0148627_059188.jpg

おめでとう、日本。
c0148627_0593435.jpg

[PR]
by kgoldmonkey | 2009-03-22 16:05 | 娯楽