<   2009年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

朝少し早めに待ち合わせをして、週末のブランチを楽しんできました。メンバーは、ママ、momoaちゃん、momoaちゃんの息子K君、初めましてのteto-usaさんとです。場所は、ずーっと気になっていたRedondo Beachの『Le Saint-Raphael』に決定。

来店2度目のママは、ワッフル(いちご、バナナ、ニュテラ、バニラアイス)をオーダー。
c0148627_855567.jpg
他3人は、パンケーキ(いちご、バナナ)をオーダー。
c0148627_8561762.jpg
ここのパンケーキ、なかなかおいし〜。トレ ビエン!(←フランス語で「おいしい」)メープルシロップとフルーツだけで食べるパンケーキは、なかなか私好みでした。

コーヒーもこまめに注ぎに来てくれ、ウエイターさんの感じもいいし、お店もしっとり落ち着いているので、女性同士の食事にはゆったりできていいかも。1つリクエストできるなら、もっといろんなパンケーキの種類があれば、うれしいな〜と勝手なことを考えていました。(パンケーキは1種類)

女性だけで過ごす土曜日の朝。何だかとっても優雅な気分になれました。私「女」でよかった、と思う瞬間でございます。こうして朝から過ごすと、1日楽しい気分でいられそうだし、午後から時間も使えるし、なかなかいいなと思いました。これからもブランチで集合っていうのが、私のお気に入りになりそうです。

*******
少しTorrance方面で買い物をしてから、家路に着いた私。ずっとやらなきゃと思っていたことを、はっと思い出しました。
c0148627_951069.jpg
一応?LAにいる私用の雛人形。うさぎカップルです。

私の母は、なぜか雛人形が大好きらしく、私が子供の頃は、ずっと7段の大きな雛人形を毎年飾ってくれていました。大人になるにつれて、大きな雛人形は全部出さないようになりましたが、今では陶器作ってもらったらしい雛人形を飾っているようです。そして、昨年LAに来たときに、こちらの私用にこれを持って来てくれました。電話でも、「雛人形は飾る期間が短いから、もうそろそろ出しなさいよ〜」と2月から言われていたのに、すっかり忘れていた私。ブログで、ママやSちゃんの家の雛人形を見て、「うわ〜、きれい」とうっとりしていたにも関わらず、すっかり忘れていた私。人のものと自分のものを結びつけられない私の思考能力に・・・参った参った。

大安の今日、急いで箱から出して飾りました。なんと箱には母からのメモが。
c0148627_9103138.jpg
ありゃ〜、ものすごく出遅れたわ。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-02-28 08:27 | お出かけ
これな〜んだ?
c0148627_10855100.jpg
日本人の方なら、これを見てすぐにピンときますよね。
c0148627_4333564.jpg
“耳かき”いろいろです。

ボコは、昔旅行で日本に行った時(私と出会う前)、“耳かき”というものの存在を知り、日本でわざわざ購入して来たらしい。でも外国人が選びそうな、ちょっとヘンテコな耳かき。変に近代化した風の耳かきで、日本人はきっと使ったことがないであろうものでした。

先日、アナたちが集まったときに、なぜか「日本の耳かき」の話になり、話は「耳あか」にまで広がりました。“耳あか”って、日本人は乾燥している系の「カサカサ・パサパサ」タイプ。白人は湿っている系の「ジメジメ・しっとり」タイプだって。そ〜んなこと知らなかった。みんなは普通に話していて、ちょっとびっくりした私でした。人種によって違うのか、、、恐るべし”耳あか”。

さて、そのアナちゃんの友人から、“Baby Shower”の招待状が届きました。
c0148627_8233450.jpg
しかし、カードを受け取った後日、アナは医師から、出産までは家のベッドに寝ていなさいと言われたそうな。アナの活動量が多すぎるため、赤ちゃんに十分に栄養が届かないとのこと。安静にとのことです。そしてさらに変化が起こり、少し入院とのこと。元気な赤ちゃんを産んでくれることだけを、今はただ願っている私たちです。どうか母子ともに元気でいてほしいと思います。

*****
話は変わり、昨日下の歯に矯正器具を付けてきた私ですが、とっても痛いのよ。かゆいのよ。痛かゆいのよ〜。私、思いっきり間違ってたのですが、上下矯正器具を付けたものの、抜歯はまだのため、ワイヤーが前歯6本にのみついているだけの状態。全体的にはワイヤーをまだ通していないので、てっきり矯正はまだスタートしていないと思っていました。なのになぜ前歯にワイヤーが入っているのだろう・・・と考えていたのですが、どうやらすでに矯正が始まっていたようですな。勘違いし過ぎですよねっ。お恥ずかしい。

上の歯だけの時は、まったく痛くもなく、かゆくもなく、器具が付いて気持ち悪いだけだったので、余裕だったわけですが、昨夜から痛いの。。。ナースさんが夕方電話くれた時は、まだ余裕だったのに、寝る前になって痛み始めて。というのも、ものすごくものすごくお腹が空いて、夜11時頃に、小さめのスナック菓子をたくさん食べてしまいました。歯磨きをして、寝ようと思った頃、ズキズキ、ムズムズ、何だか歯がうずいている。何かをギューって噛みたくなる痛さ。かゆさ。

「痛いよ〜、かゆいよ〜。」とボコに訴え、ベッドの中で「う〜、う〜」と言っていた私。半寝のボコも、「カワイソウ。ゴメン。」(アメリカ人はかわいそうな時「I am sorry.」と言うため、ボコは「ゴメン」と表現します。)と言って慰めてくれました。でも慰めてくれたって、痛いものは痛いんじゃー。痛くて、機嫌も悪くなり始める私。もう寝そうなボコを見てると、腹が立ってきて、「痛いのよ。私の歯が痛いのよ。」と揺すり起こす私。「私、眠れない。痛くて眠れない。」と訴えると、目をパチクリするボコ。さんざんボコを起こしておきながら、そんなことをぐーたら言って、本気で朝まで眠れないかもと思っていた私は、数秒後にたぶん眠りについていました。

私はベッドで本を読んだり、TVを見ることは出来ません。ベッドに入った数秒後に寝てしまうタイプなのですが、この時ばかりは、自分の体質に感謝したものです。痛かったわりには、薬も飲まず、朝まで爆睡。私って痛みに強いのかな〜、なーんてっ。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-02-27 09:55 | 日常生活
今朝、下の歯にもついに矯正器具を付けてきました。付ける直前まで、歯形のサンプル2つを握りしめ、上と同じくデーモン(ブラケット上部分がプラスティックの透明/下部分がメタル)システムにするか、下だけデーモンシステムのメタルだけにするか迷っていました。違いは、見た目のギラギラ感のみ。治療期間はどちらも同じとのことでした。迷ったあげく、やっぱり乙女心には勝てず、前回に引き続きプラス$400を払っての、半分プラスティック、半分メタルのブラケットを選択。美を求めるには、お金がかかるのよねぇ。でも2年以上のおつきあいをするブラケットさん。自信とお金は変えられませんからね。どーぞよろしく、ブラケットさん。

さすがに前回ブラケット設置を経験しているため、要領もわかっていた私。ランチは食べやすい麺類にしよう。野菜やお肉も入ったバランスのよいものにしよう。そんなわけで、家の近所の『Natalee Thai』Path See-iwというヌードルをオーダーし、テイクアウトで持って帰ってきました。今日、甘いチョコも食べられないかもしれないので、タイアイスコーヒーも一緒に。
c0148627_11423047.jpg
女1人で食べるランチは、ランチョンマットも新聞で、器に盛る事もなく、お店の容器からそのままいただくという、何とも手抜きなもんですわ。

チャイニーズブロッコリーに、牛肉入り、ライスヌードルで作られたPath See-iw。これが日本人の口に合うんだな〜。おいしい、おいしい。でも、“ヌードルだから食べやすい”という考えはあまかった。さすがに麺類は食べやすいけど、この「緑の物体」、こやつが手強いぞ。
c0148627_1148732.jpg
大きな葉っぱのままで、さらにこの薄さが危険っぽい。一応小さく切りながら口に入れてみたけれど、噛むとやっぱりブラケットさんに張り付くではないか。おぬし、なかなか手強い奴め。

*****食事の後の歯磨きタイム*****
装置付きの歯の歯磨きは、とっても面倒くさいです。おやつでも何でも、食べたら歯磨き。これが面倒で、1日数回食事をしていた私も、今では1日3回になりつつあります。

矯正の先生からもらった「お手入れセット」。昨年流行った紫で、トレンド感を出しています☆(って、昨年の色ですが;苦笑)
普段の歯磨きタイム用
c0148627_1738853.jpg
砂時計が入っていたのが笑える。「子供じゃないんだから。」と鼻で笑っていたものの、ちょっと楽しそうなので使ってみると、これがなかなか歯磨き応えありの時間設定。“充分磨いた磨いた”と思って砂時計を見ると…まだ残っているではないか。以来、すっかり私の相棒となりました。

お出かけ用
c0148627_17402798.jpg
デンタルフロス/小さいブラシ/歯ブラシ/ワックス
「ワックス」とは、矯正器具(ブラケット)が口内にあたると結構痛い時に付けるもので、やわらかい「ろう」のようなもの。これを少量取って、気になるブラケットにポチっと付ける。ただ張り付けてるだけですが、これが器具があたる痛みを減らしてくれるのです。ちなみに口に入れるものなので、安全なものとはわかっていながらも、「もし飲んでしまったら…」と聞いたところ、「飲み込んでしまっても安全な成分なので大丈夫。」とのこと。よかった。私絶対に飲み込みそうなタイプだから。

夕方電話がなった。矯正歯科医院のナースさんからだ。一瞬のうちに「えっ、何?」と思った私に、とってもやさしく「今朝ブラケット付けて、その後どう?大丈夫?」とのこと。こんな細やかな気配り、とってもうれしいもんだよね。よかった、この医院と出会えて。ボコが帰って来たら、「ニカっ」と笑って迎えてあげよう。上下に装置を付けたら、やっぱり今朝までの口元とは大違い。ちょっとだけ「機械人間」や「サイボーグ」系になった気分。ある意味、ちょっとした特殊メイク風なので、この際これを楽しんでみよう。サイボーグ七味の誕生です!ド ウ ゾ ヨ ロ シ ク。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-02-26 07:26 | 日常生活
すっごく寒い日が続いていた先週に比べて、今週は少しマシなLAです。でも夜はやっぱりまだ空気が冷たいよね。とにかく寒さ嫌いな私は、温かい部屋で、ほっこり温かいドリンクを飲んで、ボーッとしたり、しょーもないこと考えたりしています。momoaちゃんからいただいた『星の抹茶オーレ』が最近のお気に入り。
c0148627_6302644.jpg
点てて飲むお抹茶は苦手な私ですが、このオーレがとってもおいしいの。取り寄せて買おうかと思っているほど、大好きなドリンクに出会えました。>momoaちゃん、本当にありがとう!

ずいぶん日が長くなってきた今日この頃。今までは夕方5時にもなると、外が真っ暗だったのが、今では夕方でも明るいので、とっても嬉しい気持ちになります。ソファーに座って、抹茶オーレをいただきながら、ぼ〜としていて思い出したことを今日は書きますね。

空港のチェックインカウンターの後ろに、いろんな航空会社のオフィスがあります。オフィスには、自分専用のロッカーを始め、コーヒーメーカーやお水&お湯のディスペンサー、冷蔵庫にマイクロウェーブ、コピー機に電話に、重要書類などなど、オフィス+休憩場所的なものがあります。チェックイン前のブリーフィングや、その他の雑談などはこのオフィスで開かれています。さて、私の勤める航空会社の上司F氏。彼はイラン人なのか、トルコ人なのか(全然違いますが)、どこの国の人かはわかりませんが、アメリカ人ではない人です。年齢70歳前の彼は、航空業界にそれはそれは長年勤めているそうです。10数年を、某日系航空会社に勤務していた彼は、怪しげな日本語を少し話せます。いつも私を見ては、何か話しに来るのですが、、、

オフィスでコーヒーを飲んでいると、「ナニナニ?」と言いに来ます。ちょっとスケジュールをチェックしようと、壁の予定表を覗き込むと、「ナニナニ?」と必ず近寄ってきます。チェックインをしていても、横に来て「ナニナニ?」と言っています。最初は聞き流していたのですが、最近「何もないよ」と応えてみました。すると、きょとん。多分私の答えたことを理解していない様子。それでも気にせず、今でも私を見ると「ナニナニ?」と寄ってくるおじいちゃん、F氏です(笑)。

そんなF氏ですが、いつも「ナニナニ?」の後に必ず「カワイさん」と言っています。状況的には、とことことこっと寄って来て、「ナニナニ?カワイさん。」と声をかけにくるという具合。“この人何だか間違ってるよな〜。私カワイさんじゃないし、カワイさんとはかけ離れた名字で、100歩譲って旧姓だとしても、カワイさんとはほど遠い名前なんだけどなぁ。”と思っていました。そんなわけで、数ヶ月目にしてついに「あの〜、私カワイさんじゃないですよ。」と言ってみました。すると意外な反応をしてきたF氏。(→ここからは英語でですが)「わかってるよ〜。知ってるって、七味。僕はいつも“かわいい”さんって呼んでるんだよ。」とのこと。

は?

その後は、今まで私が母国語を間違っていたかのような勢いで、彼の説明が始まりました(笑)。「僕はいつも、“かわいい”さんって呼んでるのに、七味ったら“カワイさん”って呼ばれてたと思ってたんだって〜。」わっはっはだと。わっははって、「あなたの発音の問題ですから〜!」と突っ込みたかったけど、まぁいっか。外国人だし、おじいちゃんだし。とまぁ、決して自慢ではないので、ここは爆笑していただけたらと思うお話です。

さて、実はこれからのネタにさりげなくつなげようと思って、オモロいネタで始めてみた今日の記事ですが、まったく違う内容になっていました。本当に書きたかったことは、前回のピローの体脂肪率話について(爆)。その日のコメント欄で知ってくれた方もいるとは思いますが、ピローの「訂正してよね」リクエストにより、デカネタとして取り上げさせてもらいます。ピローは身長178cmと長身で、細くもなく太くもなくまさに「標準」体型です。6年ほど前までは、間違いなく「痩せ形」だったため、私の中では、「ピロー=細い」というイメージが定着していますが、ここは冷静に判断して、今では「標準」です。身長は、180cmはあると思うのですが、本人が「ない」と言い張るので、そういうことにしておきましょう。反対に私は、身長158cmと、小さめです。私とピローは約20cm身長差があります。

体脂肪率を出す時、まず体重計で「年齢、性別、身長」をインプットします。それで体脂肪率が出てくるのですが、先日ピローが計ったものは、私の情報のもとに計られたもの。

「35歳、女、158cm」

年齢だけしか合っていません(苦笑)。そんなわけで、私がびっくりした数値とは「43%」。体脂肪率43%って、もうすぐ50%という計算で、「体の半分脂肪やん!」と笑わせてもらった私でした。そりゃ〜、私の身長でピローの体重だとそうなるよな。ものすごく横に大きい女ってことになるよな、と納得しました。あいにく、ピローは体脂肪率が「43%」だとしても、涙を流して一緒に大笑いしてくれた性格ですが、これが悩める乙女性格だったとしたら・・・今頃この数字を気にして、引きこもっていたかもしれません。はー、助かった。>ごめんよ、ピロー。

でも、ピローがすっごくうれしそうに携帯にテキストメッセージを送ってきて、「ちょっと、僕の体脂肪率は25.3%だったよ。」と。さらに電話でも、「ちょっと、ヨガの先生のところで計らせてもらったら、25.3%だったじゃん。」と張り切って言ってました。そこで私は思わず、「ピロー君、あんたさ〜、25.3%って喜んでるけど、それでもやっぱり“肥満”数値だと思うよ。」と突っ込んでみた。本人が自分で調べた結果、「25%」からは肥満だとのこと。それなら、「43%」の肥満でも「25.3%」の肥満でも一緒じゃん!とまたまた突っ込んでしまった私。(本当は違いますよ〜。)「そっか…そうだね。」なぜかすんなり納得してくれたピロー。

大きな間違いをしてしまったお詫びに、ピローが気に入っている私のちょっと恐ろしい写真を掲載します。(罰ゲーム?)どうかこれでお許しを〜。
c0148627_77588.jpg
(上だけ矯正の図)

※体脂肪については、あくまでも私たち個人の意見であり、専門家の意見ではありません。年齢、性別によっても、大きく異なります。「25%=肥満」というのは、30歳以上男性としての情報なので、自分のことを知りたい方は、きちんと自分の情報を入れた上で調べてみてください。よろしくお願いいたします。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-02-25 06:11 | しごと
久しぶりにピローとランチに出かけました。場所は、Beverly Hillsの『CAFE TALESAI』。
c0148627_1427333.jpg
ガラス張りで、場所柄とってもお洒落なタイレストランです。実はこのレストラン、私が4年前にLAに引っ越して来た初めての夜、ピローがディナーに連れて来てくれた思い出のレストランです。学生時代をシアトルで過ごし、5年半あまりをアメリカで過ごした後、日本に帰国。日本で6年ほど働いて、今度はLAにやって来た私です。ピローとはシアトルの英語学校で出会い、その後約2年ほどをシアトルで過ごした後は、ピローはLAに移動。そのまま今に至るというわけです。シアトルにいた頃も、日本にいた頃も、LAには何度も遊びに来ている私ですが、4年前のLAへの引っ越しは、その後の私の人生に関わる出会いがあったなど、永住へのきっかけとなりました。その初日のレストランは、何だかとってもなつかしくて…こんなに近いのに、あれ以来来ていませんでした。

本日のランチ
タイアイスティー(ピロー)+TALESAIオリジナルプレート
c0148627_14265182.jpg
グリーンカレー(チキン)プレートc0148627_1428445.jpg
スパイシーナス&豆腐炒めプレートc0148627_14285586.jpg
どちらもランチメニューから選んだもので、サラダ、春巻き、ライス付き。これをシェアして食べました。

ここのところ、タイ料理というといつも近所の『Natalee Thai』に行っていたので、久しぶりに違った場所で食べるお料理は、新鮮でとってもおいしかった。ここを選んだ理由は1つ。「まだブログに載せたことのないレストランだから。」ってこと。レストランを決めるときにピローに提案したら、「理由はそれかい!」と突っ込まれました。

ランチの後は、どうしてもアイスクリームを食べたかったので、Culver City Downtownへ繰り出ました。アイスクリームを練り練りしてくれる『Cold Stone』に行って、アイスクリームゲット。早くも溶け始めていたので、急いで家に帰りました。
c0148627_14334232.jpg
お店の前で見かけたピンク色の花を付けた木。何の木だろう・・・梅?(わかりません;涙)

家に着いてすぐ、溶け出したアイスクリームを(写真を撮るのも忘れて)急いで食べ、その後はぐーたらおしゃべり。「最近のおもしろい話して!」と言ういつものピローのリクエストにより、身振り手振りジェスチャー付きで近況報告。電話では見せられないジェスチャーを、思う存分見せながら、ピローが涙を流して、咽せ返すほど笑わせてみせました。たった1人の観客ですが、私は大満足。いい反応をしてくれるピローを前に、伸び伸びと笑い話をさせていただきました。それにしてもピロー君だからできることですが、矯正姿の私の顔がどうやらおもしろいらしく、写真を「ど・アップ」で撮りまくり。それに応えて、ついつい私も変な顔をしちゃいまして・・・ちょっとホラーな写真がいっぱい撮れました。さすがにブログではお見せできない顔でして。。。載せられない事が悔やまれますが、一応私も女性ですので、ここは割愛ということでお許しを。

そうそう、もう少しで本日の内容を終わらせようとしていた私ですが、大事なことを思い出しました。ピローが体脂肪を計りたいということで、我が家の体重計に乗りました。体脂肪は、大昔に計ったきり、最近は計っていなかったらしいピローです。体脂肪率についての知識がないピローは、無邪気に私に体脂肪率を見せてくれました。体重計を見た私は絶句!!!「こんな数字見たことないわ!」と思わず叫んでしまいました。それでもピローはへっちゃら。「えっ、何で〜。何が標準?」といった具合。私は女性にしては、体脂肪が少ない方ですが、私の3倍近い体脂肪率を出したピロー。びっくりしている私に、大笑いしている無邪気な彼は、「ブログに載せてもいいよ〜。数字も載せてもいいよ〜。」とへらへら笑っているではありませんか。さすがにこんな公共の場に私は載せられません。いくら本人の許可をもらっているとはいえ、親友としてそこはお断りさせていただきました。

体脂肪率を最近計っていないというかたは、ぜひとも体脂肪率を計ってください。ギョッとなる前に、体脂肪率チェックですよ!
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-02-24 12:02 | 外食
前半のおだやかなSちゃんとの時間とは打って変わり、夜はそれはそれは賑やかな時間となった我が家。昨夜、ボコの地元からの友人から連絡があり、シドニーにいるのだけれど、明日LA経由で1泊するので、ぜひ会おうという話に。地元の友達ということは、もちろんボコの親友アナも共通の友達。さっそく、いきなり今夜「アカデミー賞ピザパーティー」を開催することに決定。2人で見るより、少しでも多くの人で見る方が楽しいだろうし、私が提案。みんなも喜んで参加してくれました。

Sちゃんと遊んで家に帰ると、すでにメンバー到着。アナ夫婦、友人Dと彼の甥っ子(LA在住)の4人がいました。私たちのお気に入り近所のピザ屋さんで注文したピザも届いていたし、メンバーも集まっていたし、アカデミー賞も始まっていたし、グッドタイミング。
c0148627_11203184.jpg
すっかりくつろいでいるみんなです(笑)。3種類のラージピザは、「チキン&マッシュルーム」に「トマト&バジル」、そして「ピーマン&ほうれん草」(写真なし)でした。
c0148627_11221949.jpg
c0148627_11223264.jpg

アメリカ人に囲まれて見るアカデミー賞は、今までと違って、とってもおもしろかった。毎年楽しく見てはいるけれど、みんな盛り上がる盛り上がる。まるでスーパーボウルを見ているかのごとく、ワイワイ、ギャーギャー言いながら見ました。この日の人気は、やっぱり『The Dark Night』。故ヒース・レジャーの最後の作品で、彼の名演技が光ったバットマンシリーズ。彼の演技はこの世に残るすばらしいものだったとみんな思っているようで、私もとってもうれしかった。

我が家のボコは、『Marvel』ファン。代表作は、「X-Men」や「Hulk」など。反対にアナの夫Dは、『DC』ファン。代表作は、「Batman」や「Spiderman」など。日本で言う、『藤子不二雄ファン』か『赤塚不二夫ファン』かと言ったところでしょうか。一応説明させてもらうと、両者ともオタク的ファンではなく、アートとして接しているようです。映像や内容など、少しオシャレな角度から見ている気がします。と言っても、ファンには変わりありませんが。

アカデミー賞で、「アクションヒーローもの」が受賞するということは、やっぱり「稀」らしいので、ヒース・レジャーがノミネートされている『The Dark Night』には期待大。私も彼のすばらしい演技に、ぜひとも受賞してほしいと思っていました。“Best Supporting Actor”の発表が始まった時、DCファンのDは、発表を待ちきれない様子・・・みんなが一瞬シーンとなった時、「ヒース・レジャー」という発表がありました。普段クールなDも、思わず立ち上がって、大の字ポーズ。
c0148627_1134453.jpg
「Citizens For Batman」(バットマンのための市民)と書かれたTシャツ姿のD。

アナもDもボコも「マスコミ業界」で仕事をしているため、いろんな角度からアカデミー賞を見ていて、それがとっても楽しかった。普段ボコと見ていても、普通に私と会話しながら見ているけど、やっぱり他の人がいると、それぞれの分野的な発言があるので、それを聞いているのも楽しいもの。ファンション界にいるアナは、それぞれのドレスがやっぱり気になるため、今年のトレンドや私とは違う見方をしていて、「なるほど〜」と思う事が多かった。アメリカ人と見るアカデミー賞っていいかも。来年も開催したいと思いました。

さて、久しぶりに会ったアナ。7週間後を予定日に控え、桜の咲く頃に産まれてくるベイビーボーイを楽しみに待っています。医師に言われた体重には、まったく届いていないアナ。相変わらず細い体で、お腹だけがぽっこり。それでもやっぱりかわいいアナ。どんなママになるんだろう・・・今は想像もつかないけれど、きっとユニークな子育て法とか考えてるのかなと思った。子供の名前の話になり、「何にするの〜?」と聞いていたら、ボコが会話に参加。なぜか、名前の最後に必ず私の旧姓とボコの名字が付いている。「なんでやねん!」とアナと私が突っ込んでも、次々と出てくる名前は、”○○・私の旧姓・ボコの名字”。「アメリカは、どれだけ名前を付けてもいいんだよ〜。」なんて言いながら、アナと「なんでやねん!」と終始突っ込んでいた私です。

もうすぐ出産のアナ。妊婦姿もかわいいな〜。相変わらず髪の毛は黄色。髪型はボブで、前髪パッツンさんでした。健康な赤ちゃんを産んでね♡
c0148627_11462323.jpg
アナの提案で、「誰のお腹が一番大きいでしょう?」と。さ〜て、誰かな。明らかにアナではないよね(苦笑)。

さて、気になる第81回アカデミー賞の結果ですが、
最優秀作品賞ー「SLUMDOG MILLIONAIRE」
最優秀主演男優賞ーショーン・ペン in「MILK」
最優秀主演女優賞ーケイト・ウィンスレット in「The READER」
最優秀助演男優賞ーヒース・レジャー in「THE DARK KNIGHT」
最優秀助演女優賞ーペネロペ・クルス in 「VICKY CHRISTINA BARCELONA」
最優秀外国映画賞ー「おくりびと」(DEPARTURES)

外国映画賞で日本の作品が受賞した時は、ここにいたメンバーみんなが「おめでとう!」と言って、拍手してくれました。日本人としてうれしい瞬間だったなぁ。思わずガッツポーズしてました、私。でも、監督のスピーチがどうも会場にいたみなさんに伝わっていなかったらしく、何だか会場はしら〜っとしてた気が・・・みんな一生懸命スピーチを聞こうという態度は見えていたのに、残念ながら英語が伝わっていなかったですよね。ちなみに我が家のみんなも、熱心にスピーチを聞こうとしてくれていましたが…やっぱり英語が伝わっていなかったようです。あ〜、残念。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-02-22 23:10 | 日常生活
少し曇り空だった今日ですが、Sちゃんと素敵な時間を過ごしてきました。ずっと前から「見たいね〜」と言っていた映画が、やっと先週公開されたので、一緒に見に行ってきました。その映画とは、『Confessions Of A Shopaholic』。ずっと読みたいなと思っていたシリーズ本が映画化されたものです。Sちゃんは、シリーズを制覇しているほどのファンで、私もこれから読みたいなと思っていたので、Sちゃんは本→映画というパターンで、私は映画→本というパターンで挑みました。映画的には、「まぁまぁ」という感想でしたが、お気軽に楽しむにはいい映画かもしれません。これは間違いなく「女性向け映画」ですなぁ。

Sちゃんもこの日は、K姫を夫にあずけ、久しぶりの単独映画館とのこと。せっかくなので、ランチ前に待ち合わせして、Calabasasの「The Commons」モールで待ち合わせ。ショップをプラプラして、ランチをして、映画を見る事にしました。ここのモールは、屋外にあって、広々していてとっても気持ちいい〜。おまけにとっても空いていたので、優雅な気分で伸び伸び過ごせました。ちょっぴり観光客気分になった私たちは、記念写真をパチリ(笑)。
c0148627_3233142.jpg
ところどころに、屋外ならではのきれいな風景が見られて、癒されました。池には、大きな鯉やカメがたっくさん。あまりの多さに、ギョッとしたほど。
c0148627_3255425.jpg
ランチは、『King's Fish House』で食べることに。遠く右側に見えるところがレストランです。c0148627_3295431.jpg
店内は、生け簀もあったりと、シーフードの匂い満載。c0148627_3312462.jpg

本日のランチ
クラブ(カニ)ケーキ+コールスロー+フレンチフライ(Sちゃん)
c0148627_3331499.jpg
サーモンパスタ(私)
c0148627_3334663.jpg
正直、お味は両方ともこれまた「まぁまぁ」。もっと期待していたんだけどなぁ。ちょっと残念。

ランチの後は、映画を見て、大笑いして、楽しい時間を過ごしました。そうそう、このモールには、名物らしい「ロレックス」の時計台がありました。
c0148627_3364890.jpg
c0148627_3365972.jpg

普通の腕時計何個分?くらいの大きな時計にうっとり。ロレックスの時計台なんて、何だかゴージャスですよね。そんな中で、気持ちが贅沢な時間をたっぷり過ごせて、気持ちいい女たちの日曜日を過ごしました♪妊娠以来の映画館での映画鑑賞というSちゃん。楽しい時間を過ごせた事を願っています☆
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-02-22 15:36 | お出かけ
矯正生活が始まって、今日で3日目。まだ3日目。2年を予定している矯正ですが、長い道のりだな〜と改めて思う。矯正を付けた日は、午後8時就寝。翌日は午後10時就寝。何だか食べる行為にも、歯磨きにも、ぐったりしている私です。私は毎朝必ず体重を計るのですが、なんとこの3日間で、すでに1kg痩せていた。それも当然。だって、あんまり食べてないもんな〜。とほほ。今までの私は、1日5食という感じの生活だったので、朝、昼、夜以外の2食は、チョコを数粒だとか、フルーツを食べたりだとか、スナック菓子をつまんだりといった感じだったのが、“軽く食べる”ものがなくなってしまった。チョコは当分控えるように言われているし、フルーツは固いものもあるので微妙。スナック菓子は×ということで、そうなると食べるのも、食べた後の歯磨きも面倒で、ついつい我慢してしまう。なるべく朝、昼、夜の3食をいっぱい食べたいのに、異様に時間がかかるのと、今はついつい液体物(スープやヨーグルト、溶けかけのアイスクリームなど)を選んでしまうため、お腹にずっしりくるものがない。お腹は減るが、食事拒否。パワーバーとか食べたいけど、固くて無理。

ボコといろいろ考えて、私が食べられるものを買い出しに出掛けた。アイスクリーム、ヨーグルト、スープ、柔らかいミニマフィンを購入。当分はこれで乗り切ろう。これらの食材を見て、ちょっとほっとした私です。

今日、映画を見に行くため、ランチを外で食べようという事になり、いろいろ考えたあげく、「オムレツ」はどうかということになった。ふわふわしてるし、卵や野菜で栄養も摂れるし、これはいいかも。そんなわけで、近所の大好きなフレンチカフェ『L'Hermitage Bistro』へ行って来た。
c0148627_15194579.jpg

本日のランチ
おいしくてたまらない2種類のブレッド+O.J/ビール
c0148627_15201916.jpg
スモークサーモンオムレツ+フルーツボウル(私)
c0148627_15204855.jpg
3種オムレツ(ゴートチーズ/ほうれん草/マッシュルーム)+ポテト(ボコ)
c0148627_15211120.jpg

ここのバゲットは、ふわっふわで本当においしいため、パン好きな私は勇気を出してトライ。小さくちぎって、口の奥へ持って行くと、「あらら」食べれるじゃないの〜。おほほほほ〜。ナッツ&レーズン入りにも勇気を出して・・・イケる、イケる。慣れてきた?そして、サラダにもトライ。大きな葉っぱは食べにくいけれど、野菜はしっかり摂らないとね。がんばって奥歯に運ぶ。いよいよメインのオムレツ。小さく切ると、食べやすーい。思わずボコに「食べやすいよ、オムレツ。やわらかいよ、オムレツ。」と、興奮しながら話していました。やっと食事を楽しむ私に、ボコもホッとしていた様子。実は食事拒否の私を少し心配していたみたいです。

すっかりボコは食べ終わっていたので、感じのよいウエイターさんが、何度か私のお皿をチェックしに来てくれるのですが、その度にまだ食べていた私。スピードはやっぱり遅いです。でもやさしいウエイターさんは、急かせることなく、たっぷり時間をくれました。おかげで、フルーツプレートもほぼ完食。バナナは食べやすいので、家でも食べていますが、パイナップルやメロンは初挑戦。これまたさらに小さく切って、口の奥に運びます。おいしいよ〜。いらっしゃい、フルーツさん。

サラダ&フルーツボウルはほぼ完食。オムレツは半分到達。これだけ食べられたら、満足満足。久しぶりに「食べた」という感覚。幸せだわ。野菜、卵、魚、フルーツ、今日の栄養は摂れたとしよう。ばんざい、ばんざい。

満足ランチを食べた後、明日のアカデミー賞を意識して、『Slumdog Millionaire』を見に行ってきました。なかなかオモシロい映画だった。構成、カメラワークともに、ユニークな作品でした。明日はいよいよアカデミー賞授賞式。今年は豪華メンバーが勢揃い。楽しみだな。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-02-21 18:42 | 外食
今朝、ずーっと避け続けていた矯正をスタートしてきました。といっても、今日は上に矯正器具を付けただけ。来週は下に付けて、それで本格的な矯正生活スタートです。いろんな理由から、従来のギラギラしたメタルにしようか、目立たないセラミックにしようか、数人の矯正している友達にアドバイスをもらいながら、久しぶりに一生懸命考えました。やっぱり2年以上の付き合いになるらしいので、見た目にきれいなセラミックにしようと決意して行ったものの…八重歯があったりと少し複雑な私の歯には、セラミックはあまりよろしくないという先生からのアドバイスで、最新矯正器具“デーモン”という器具に決定。これは、ブラケット(歯に付ける器具)が、従来のものよりずいぶん小さめで、上半分が透明プラスティック、下半分がメタル製。おまけに、メタル部分に小さなシャッターが付いていて、従来のゴムでとめる方法ではなく、シャッターにワイヤーを通すだけ。治療期間が、6ヶ月ほど短くなるとのこと。これはうれしい情報です

矯正器具の設置は、思ったよりもずいぶん早く終わった。20年のベテラン先生が、ものすごく手際よく付けてくれたので、あっという間に装着終了。この日を、ワクワクして待っていたような、これからの長い付き合いの始まりに、ちょっと不安で憂鬱なような・・・。装着が終わって、鏡をもらうと、そこにはちょっと別人の私がいた。歯に矯正器具を付けるだけで、やっぱり少し雰囲気が変わる。眼鏡を初めてかけたような、ちょっと違った自分がいた。いくら小さくても、メタル器具が付いているため、「矯正してます」というのは、丸わかり。自分に“いいことをしているんだから、自信を持つのだ”と言い聞かせ、矯正した自分を認めてあげようと心がけています。それにしても、何だか口元に違和感あり。ちょっと変な気分です。

*****
午後から、SorairoSちゃんと、Sちゃんのお友達のHちゃんとBurbank『IKEA』で待ち合わせ。Hちゃんとは、以前Sちゃんのベイビーシャワーで初めて会ったので、この日が2度目。以前会った時は、妊婦さんだった彼女が、今回はすっかり4ヶ月の男の子のママになっていました。月日の早さにびっくり。よし、この調子だと2年と予定されている矯正生活もあっと言う間かな、と少々期待。

矯正した日にランチの予定を入れてしまったので、この後2人に迷惑をかけることに。装着後、24時間は「やわらかいもの」しか食べてはいけないとのことで、「パスタ、ヨーグルト、アイスクリーム」などがあげられた。2人が気遣ってくれて、ランチはIKEA前の『California Pizza Kitchen』へ。

本日のランチ
Pesto Chicken(チキン/バジルペースト/サンドライトマトなど)
c0148627_17393255.jpg
4種チーズのラビオリ(アシアゴ/マスカルポーネ/リコッタ/パルメザンチーズ)
c0148627_17423589.jpg
どちらも新メニュー。写真があまりにもおいしそうだったので、即決定。3人でシェアしました。

矯正を付けてからの初食事。「ぬぬぬ」、ものすごく食べ辛いぞ。歯に器具が付いているだけで、どうやって噛んでいいのかわからない。何だか器具が取れそうで怖い。おまけに前歯で噛めない。不便だ〜!!!とにかく食べ物は細かく切って食べてくださいとのアドバイスを受けていたので、薄ーいピザクラストを、せっせとナイフで切る私。1ピースのピザを、20カット位に切り分けて食べた気がする。それを奥歯の辺りまでフォークで持って行き、やっと噛み始める。やわからめのラビオリは、少し食べやすい。いつもなら、2つ位に切って食べれるものが、これまた6カット位して口の中へ。

そんなこんなで、食事が進まない。矯正を始めたところで、体自体は従来の私。そのため、普通にお腹は減るのに、思うように食べられないもどかしさ。あまりの労働力に、途中から食べるのが嫌になってきた。がんばって食べても、みんなよりはずいぶん遅く、迷惑かけてしまったわぁ。こんなにがんばって食べたのに、結果はピザ1枚+ラビオリ2枚。惨敗。おまけに大好きなパンがあったのに、いくら細かく切っても、固そうなフランスパンを食べることは出来なかった。矯正生活が慣れるまで、食事を放棄しそうな私がいる。食事のことを考えると憂鬱。おまけにすぐに歯磨きしないといけないので、間違いなく間食はしたくないな。おいしいものをパクパク食べれるって幸せなことだな〜と改めて思った。

のろのろ食事した後は、IKEAをプラプラ。商品入れ替えの時期なのか、あまり商品がなかったように思う。欲しいものがいろいろあったはずなのに、いざレジに並ぶと、ほんの少ししか持っていなかった。でも平日のIKEAは空いているので、ベイビーたちがいても、広い店内をすいすいストローラーで進めるし、ゆったりした時間が過ごせました。SちゃんとHちゃんとお出かけしたおかげで、矯正に集中することなく、ショッピングやおしゃべりに自然と意識を持っていけたのでよかった。何だか今日が救われた気がしました。

夕方やっぱり小腹が空いてきたので、お茶タイムの時に念願のヨーグルトを食べる。フルーツ、ヨーグルト+グラノラというものだったのを、「グラノラ」抜きにしてもらい、たっぷりいちごとプレーンヨーグルトをいただいた。
c0148627_17563115.jpg
は〜、ヨーグルトは食べやすい。パクパク食べられる(飲める)よ〜。ヨーグルト好きでよかった。当分はヨーグルトを食べる生活になりそう。

結局夜もまともに食べれず、空腹と戦った末、疲れて眠る。少年の頃矯正をしていたボコなので、気持ちはわかってくれたのが救い。あまりのぐったりした私の姿に、心配したようで、「栄養あるスープを調べておくね。体力を落とさないように、少量でも栄養&カロリーのあるものを考えておくからね。」とやさしい言葉をかけてくれた。「頼んだよ。」とだけ答え、明日はアイスクリームとヨーグルトを食べるぞと決意した私でした。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-02-19 05:10 | お出かけ
今年のバレンタインは、何だか4日にまたがってHAPPYでした。何だか得した気分です。今日、思いもよらなかったサプライズが届きました。差出人は、ボコ両親。段ボールを開けると、こんなかわいい荷物が登場。
c0148627_7354893.jpg
気になる中身は、キュートなカードと、ル・クルーゼのハート型ストーンウェアでした。
c0148627_743392.jpg
わぁーい、わぁーい。

ボコママは、年期の入ったルクコレクター。ボコの嫁となった私もルクファンということで、それはそれは大喜び。そして私も大喜び。うれしくてうれしくて、手に取っては眺め、ウキウキしていた午後の私。そのままテーブルに出しておきました。仕事を終えて帰宅したボコ。テーブルの上に何かあるなと思ったようですが、チラ見で終わり。私が「ボコ両親から届いたよ〜。」と言って見せると、「明らかにボク用じゃないな」と言って笑っておりました。はい、明らかに私へのギフトですな。

お互い結婚して以来、家に届く荷物は、「私の両親→明らかにボコ狙い」、「ボコの両親→これまた明らかに私狙い」という図式が出来ています。これは幸せの図式だと思って、ボコも私もただただ感謝しています(笑)。

*****
話は変わって、、、家の留守電にメッセージが入っていました。メッセージを再生すると、ものすごく知っている声。間違いなくピローの声。なのに、延々に英語でメッセージが続きます。メッセージ終了後、私とボコは顔を見合わせて、「・・・」。私が「なぜ英語?」とボコに振ってみると、「さぁ」とアメリカ人らしいジェスチャー付き。

メッセージを聞いて、速攻ピローに電話して、挨拶もしないで「なぜ英語?」と切り出した。すると、「だってさ〜、あんたも一応人妻じゃん。いくら親友とは言え、男の僕から日本語で永遠にメッセージが入ってたら、ボコも気持ちよくないと思ってさっ。」という答え。ちょっと意外な答え。もっと、「いや〜、ハローって入れたら、もうそのまま英語でしゃべっちゃたよ。」とか言う返事かと思ってたから。でも、よくよく考えてみると、ピローってこういう人だよな〜と納得。ボコに説明すると、「さすがだねっ。」とのこと。

ボコもピローの存在は認めてくれてるし、私がこうしてアメリカで生き生きいられるのも、ピローのおかげとも言っている。なので、まったく持って心配してくれなくってもいいのだけど(いいのだよ、ピロー君。)、こんな人だから私はずっと性別超えて、親友でいられるのだとも思う。

私の日本に住んでいる友人たちも、その家族も、私とボコが遊びに行くと、つたない英語ででも、必ず英語で話そうとしてくれる。そういう意味で、親友家族の家にお泊まりさせてもらっても、つまらなくなることなく、いつも楽しく気持ちよく過ごさせてもらったり、地元の友達家族の家に遊びに行っても、私の友達もその旦那たちも、「高校英語でいけるかな〜。」と心配しながらも、一生懸命話してくれる。私のほうが、つい気にせずに日本語でバンバン話してしまうという始末。

こんな友達たちが周りにいてくれるから、日本語を話せないボコも、いつの間にかみんなと馴染めて、すっかり親しくなっているんだよな。こういう些細な事に気遣ってくれる気持ちって、本当にうれしいなって、改めて思いました。国際結婚は、こういうことも難しい事の一つ。でも私は、いい友人たちのおかげで、なんとなく難問もクリアできている気がするのです。バレンタインデーに、本当の意味の「愛」を学べた今年は、ラッキーだったということで♡
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-02-17 07:34 | 日常生活