<   2009年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

以前住んでいたMiracle Mileというエリアは、ダウンタウンとサンタモニカのほぼ真ん中に位置していたので、どこにでも便利でした。ダウンタウンよりのKorea Townにも近かったので、よく食事や買い物にも行けたのですが、今のところ(西サイド)に引っ越して来てからは、少しKorea Townが遠くなってしまった。おいしいスンドゥブを食べに行くにも、「さっ」というよりも「行くぞ」といった感覚。

やっぱりおいしいスンドゥブは、Korea Townで食べるに限る。妥協はしたくない私。そんなわけで、ボコと久しぶりのKorea Townに出掛けてきました。行き着くレストランは、いつもの『Beverly Tofu House』へ。いつも韓国人で賑わっていて、庶民的な雰囲気が好き。おまけに、ここのナムルは最高です。素朴で家庭的な味。ほっこりします。

本日のランチ
最高のナムル
c0148627_4425653.jpg
ベジタブルスンドゥブ(私)
c0148627_4432769.jpg
スパイシーチキン(ボコ)
c0148627_4443232.jpg
私が知っているお店の中で、唯一「たらこスンドゥブ」を食べられるお店なので、いつも「たらこ」対「野菜」で迷うのですが、たらこは結構どろっとした感じでヘビーなので、やっぱりさっぱりベジタブルでいきました。でも完食は厳しいです(汗;)。

前もちょこっと耳にした気がしたのですが、やっぱり今日も、ボコは「カムサハムニダー」と、お店を出るときにおばさまに言っていた。ちょっと笑えたので、「ねぇねぇ、今さ〜何て言った?」って聞くと、ちょっと照れながら「七味はアホです」とかごまかすんだけど、絶対に「カムサハムニダー」って言ってた。

私は、イタリアンレストランに行けば、「グラッチェ!」「チャオ!」などと、知っている挨拶語を発し、フレンチレストランに行けば、もちろん「ボンジュール」「メルシー」と発し、コリアンレストランでは「カムサハムニダー」と、その国気分になりきる性格なのですが、ボコはちょっぴり照れ屋さん。そんなボコが、「カムサハムニダー」という姿は、何だか一生懸命で、少しだけ笑えるものなのでした。よくやったぞ、ボコ。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-01-31 04:34 | 外食
平日は、がんばってお料理したいなと思っている、今年はじめの私です。でも無理はしたくないし、マイペースでやっていこうとのんびり構えております。

本日のディナー
パスタ2種類+(ビール)
c0148627_1163757.jpg
トマトソース(チキン/玉ねぎ/人参)
c0148627_117207.jpg
ジェノベーゼソース(ほたて/ブロッコリー)
c0148627_118512.jpg
トマトソースは、ファルファッレを使用。ジェノベーゼソースは、ペンネを使用。

バジル好きな私は、ジェノベーゼが大好き。数日前に、あるサイトで、ジェノベーゼに生クリームを少し加えるとおいしいというのを見つけ、クリームソース系好きなボコのために早速作ってみた。これがなかなかおいしい。そこで気づいた。私も少し食べたのですが、お料理に生クリームをそのまま使用すると、少しなら食べられるということ。ウィップドクリームになると、私は見るだけで吐き気がしてくるのですが、原液?!のままだと、食べられるようです。大量に食べる自信はまだありませんが、グラタンも大好きだし、このソースもいけた。やった〜!

今夜の2種類のパスタ。お肉、お魚にお野菜と、栄養バランスはバッチリ。パスタは大量に使っていますが、メインだしね。しょうがないよね。さて、本日のディナーでお世話になったものを紹介します。

ジェノベーゼペストとトマトマリナラ。どちらもT'J商品です。
c0148627_1624828.jpg

もちろんソースからきちんと作るにこしたことはありませんが、今日みたいに友達と楽しい時間を過ごした日なんかは、お手軽にできるに限ります!こうして、好みの具を加えただけで、少しはバランスもよくなるし、おいしいし、「あり」だよね!こんな感じの夕食には、やっぱりワインかな〜と思いつつも、この日はビールでいただきました。プハッ、おいしい。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-01-30 23:59 | 外食
今日のランチは、ピローと『Souplantation』Beverly Hills店に行ってきました。というのも、LAに長く住んでいるピローは、こちらのレストランに行ったことがなかったんです。この日めでたく『Souplantation』デビューを果たしたのでした。

本日のランチ
ピローチョイス
c0148627_9515128.jpg
私チョイス
c0148627_9514096.jpg

何だかよく見てみると…性格出てますよね。几帳面なピローは、野菜もきれいに並んでいて、パンもきちんと並んでいる。反対に、私のサラダは3種類めちゃめちゃに混ざっており(下に2種類埋もれている;汗)、パンは積んでいる状態。

ピローは、家や車などでは、所々にやっぱり男の子だな〜と思わせる部分があるのですが(ちょっぴり散らかっていたり?:笑)、お料理&お菓子作りに関しては、ものすごく几帳面だと思う。きれいにフルーツや野菜を切ったり、きれいに盛りつけたり。それに引き換え、私はお皿にのればいいと思っている派。ビュッフェ型のレストランは苦手です。写真にきれいに違いが出てますよねぇ。

私とピローは、好みもまったく違います。サラダの野菜選びから始まり、ドレッシング、パン系。好みが真逆と言ってもいいほど。それでもこうして楽しくランチできるのは、笑うツボがぴったりなの〜という点ですね。いつも泣くまで笑って話している私たちです。初『Souplantation』は、ピローも気に入ってくれたようでよかった♪

私のデザート
c0148627_1001914.jpg

ミニソフトクリーム。こうして横にお塩の容器を置くところが、ピローを象徴しています。私がそのまま写真を撮ろうとしていたら、「大きさがわかるように、これを置くんだよ。」と。なるほど〜。こうして、足りないところを補いながら?、今日も時間を過ごしました。(私は、ピローのリクエストを聞いて、ピロー好みのデザート“サンデー”を作ってあげました・・・なのに、写真撮り忘れ。あ〜ん、素敵な女の子気取りしたかったのに、証拠写真がなぁ〜い。)

ランチの後は、これまたピロー初「すべらない話」DVD鑑賞会を我が家で開催。私はすでに見ているのに、ピローより先に声を出して笑ってました。笑うことはいいことだね〜。今日も笑い皺を増やして、ピローは帰って行きました。ちなみに、(現時点での)ピローのお気に入り芸人は、次長課長の河本氏とのことです。「タロ吉〜!!」
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-01-30 15:22 | 外食
自分について、先ほど気づいたことがありました。本当に“ふと”気づいたこと。忘れないように、こうして記事に残しておこう。

今日、のんびり過ごすと決めていた私は、朝から軽く掃除したり、歩いて近所に買い出しに行ったり、ずっと見たかったDVDを見たり、ピロー&母と長電話したり…本能のままに過ごしていました。最近無性に、手作りクッキーが食べたかったので、午後からクッキーを焼いてみたりっ♪

さつま芋のソフトクッキー
c0148627_1682372.jpg
全粒粉に、甜菜糖に蒸したさつま芋入り。素朴な甘さがおいしいなっ。

c0148627_16112540.jpg

オーブンから取り出した焼きたてクッキーを、1つ1つケーキークーラーに並べながら気づいたことなのですが、私ってものすごく「健康嗜好(志向)」じゃない?ってこと。もちろん、『ヘルシー・おしゃれ・オモロ』を求めて生活はしておりますが、どちらかというと一番意識しない【食】が、もともと健康的かも。

食べ物は、
・白いものより色の濃いもの、茶色いものが好き。(白米<玄米・十五穀米など/白いパン<茶色いパン/白砂糖<ブラウンシュガー)
・野菜大好き
・魚大好き
・薄味
・(私の中では)適度なアルコール
細かくあげだすと、もっともっと理由はあるのですが(揚げ物よりもグリルのほうが好き/クロワッサンよりも素朴なパンが好き/濃厚ドレッシングよりレモン汁やヴィネガーの方が好きなど)、とにかくもともとの好みが、ものすごくヘルシーだなということ。逆にヘルシーじゃないかもと思うことは、お米よりパン系が好きということ。やっぱりお米の方が健康そう。そして、(ほぼ毎日)チョコを食べること。(←1日に数個ねっ)

こんなことをぼ〜っと考えていたら、おじいちゃん&おばあちゃん的生活を送っているかもと気づき始めた。(もちろんピザやフレンチフライも食べますが・・・)
(基本的には)睡眠時間たっぷりとって、朝も7時〜7時半頃起きて、軽くエクササイズして、朝食はいっぱい食べる。歩いて買い出しに行ったり、郵便局に行ったり、コーヒーを買いに行ったり、とよく歩く。ランチもバランスよくきちんと食べる。間食は、しない日も多いけど(チョコレートは別:苦笑)、する時はちょこっとを数回。夕食は、結構軽め。寝る前に軽くエクササイズ。

「こうしなければ」というルールはなし。気づけばこんな生活が身に付いていました。私、何を狙っているのだろう・・・健康で長生きできればとっても幸せなこと。改めて食を含めた生活を振り返ってみると、ものすごく健康的だな〜と思ったのでした。(昨日のランチは、いっぱいフライ食べたけどね:笑)

そして、さらに気づいたこと。小さい頃から祖父母っ子だった私は、小学校と実家のちょうど間に、祖父の家があったので、毎日行き帰りに、祖父の家に寄っていました。毎週末は必ず泊まりにも行ってました。そんわなけで、よく考えてみると、「祖父」の生活と一緒かもっと気づく。祖父は自営業だったため、規則正しい生活を過ごせる環境にいました。「朝は王様のようにたくさん食べ、夜になるにつれて食事を軽くしていく」というのが、祖父母の食生活。朝夕は、軽い柔軟体操。おやつは必ず3時。私そっくりじゃない?

ただ、チョコレートを食べることは、祖母譲り。祖母は、甘いものが大好き。未だにチョコレートパフェやケーキを喜んで食べています。そんな祖母とは、よくケーキを食べに行ったり、とにかくスイーツをいつも一緒に食べていたように思う。

そんなわけで、私はすっかりこういう生活が身についていたようです。年と共に、あるべき生活に戻って来ているような気がする今日この頃。あとは、きちんとしたエクササイズを取り入れられれば、理想的な生活になりそうだな。
[PR]
“ロスの空からこんにちわ”でおなじみ、Sちゃんが『dineLA Restaurant Week』情報を教えてくれ、一緒にランチに行ってきました。これは、約2週間にわたって、LAにある100件ほど(数えてません)のレストランが、ランチ&ディナーのコースを、お手頃価格で提供してくれるというもの。庶民派レストランから、一流レストランまで、いろんなジャンルのレストランがリストアップされています。

初参加の私は、とっても楽しみ♪お店選びは、Sちゃんにお任せしました。Sちゃんがずっとずっと気になっていた『Ford's Filling Station』。そうです、ハリソン・フォード氏の息子さんのレストランです。我が家の近所だし、ハリソン氏に会えるかもだし、GOOD CHOICEでした!>Sちゃん

本日のランチ
(前菜/メイン/デザートは、すべて3種類あります)

前菜:ガチョウのペースト(Sちゃん)/シトラスサラダ(私)
c0148627_314314.jpgc0148627_3143852.jpg

メイン:アーティチョークのリゾット(Sちゃん)/フィッシュ&チップス(私)c0148627_3164732.jpgc0148627_31733.jpg

デザート:クリームパフ&アイスクリーム(Sちゃん)/
                    バタースコッチプリン(私)c0148627_3193169.jpgc0148627_3194826.jpg

Sちゃんのガチョウペースト、「これ、なんかの味じゃない?」と言われ、味見させてもらうと、「うん、なんかの味」。ものすごく日本人に馴染みのある味。懐かしい味。でも何なのかは思い出せず・・・未だ思い出せず・・・

私のフィッシュ&チップス。ものすごいボリュームでした(汗;)。さすがに完食は無理ですわぁ!!!これ、運動部の若者並みの量じゃない?それもフライばっかり。ちょっと運ばれて来た時は、2人して目がテン・・・。でも、いい油で揚げてくれているのか、全然胃にもたれませんでした。おいしかった〜。デザートは、プリンにマスカルポーネが乗っていて、私好み。ただ、少し濃厚なので、もう少しミニサイズでもいいかも。

楽しく食事していると、もっ、もしや!息子でシェフのフォーズ氏が登場。今までも数回見かけたことはあったので、顔は知っていたのですが、この日は各テーブルを回って、挨拶しに来てくれました。当然私たちのところにも来て、「どうだい?」ってな感じで話しかけてくれた。横顔が、とってもハリソン氏に似ていた。とっても感じのいい人で、Sちゃんのベビー、カノン姫のことも触ってた。カノン姫、ハリソン息子氏に頭触られたことあるんだよ〜って、姫が大きくなったら教えてあげよっと。

私たちが食事中の姫です。
c0148627_3295023.jpg
何だか髪の毛も伸びて、黒々し始めて(もう産毛ではなかった)、すっかり「幼児」に見えた。赤ちゃんって感じではなくて、成長ってすごいな〜って思った。

*****
ランチの後は、我が家でリラックス。Sちゃんが大きなレモンバーを焼いて来てくれた。
c0148627_333228.jpg
バンザーイ、バンザーイ。私レモン系のデザートが大好きなんです〜。Sちゃんって、いつもタイムリーなんです。チョコレートケーキが食べたいな〜と思っていると、チョコケーキを焼いて来てくれたり、さっぱり酸っぱい系が食べたいな〜と思っていると、レモンバーを焼いて来てくれたり。たぶん、ちょこちょこ私の脳の中を訪れに来ているに違いない!

途中、Sちゃんのお友達のNちゃんも合流して、レモンバーをいただいたのですが、「お い すぃ〜♡」。3人で食べても、↑が残ったほど、大きなレモンバー。帰って来たボコに見せると、「わぁ〜。グ〜ッド。」と喜んでいる。この瞬間まで忘れていましたが、ボコって、そう言えばレモンバーが大好きだったはず。つき合い始めた時、デザート派じゃないボコが、「ここのレモンバーが最高においしいから、ボクはここのレストランが好きなんだ。」と言って、イタリアンレストランに連れて行ってくれたほどです。(とってもとってもおいしかったらしく、後日「Sちゃんにレシピもらって」と頼まれました。。。んで、Sちゃんよろしく!!そしてありがと♪)
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-01-28 03:41 | 外食
気になるブランチ情報をゲット。好きなレストランの1つで、Abbot Kinneyにある『Lilly's French Cafe & Bar』の平日ランチ&日曜日のブランチが、なんと$12とのこと。なかなかお得なブランチだよね。そんなわけで、本日久しぶりにAbbot Kinneyに出掛けてきました。相変わらず、おしゃれな人たちばっかりのこの通り。見ているだけで、幸せになるほど、おしゃれの達人がいっぱい。着こなしの勉強にもなります。

本日のブランチ(前菜&メインを選択)
おいしいバゲット
c0148627_13114547.jpg

前菜:フルーツボウル(私)/サラダ(ボコ)c0148627_13134110.jpgc0148627_1314058.jpg

メイン:フレンチトースト(私)/スクランブルエッグ&スモークサーモン+ サラダ+フレンチフライ(ボコ)c0148627_13153953.jpgc0148627_13155743.jpg

残念ながら、フレンチレストランなので、フレンチトーストにかなりの期待をしていたのですが、これがイマイチ。パサパサしていて、あまりおいしくなかったのです。これなら、クロックミスユーとかにしておけばよかった。バゲットは、塩味がいい具合に聞いていて、さすがと思わせてくれたんだけどな〜。ディナーはとってもおいしいこちらのレストラン。フレンチトーストがダメなのか、ブランチがダメなのかはわかりませんが、ちょっと残念な気持ち。おまけに、この日のサービスが最悪で・・・できれば、あまり悪いことは、ブログには書きたくないですが、とにかく店員さんのサービスが×。オーダーするのに、10分以上、ドリンクをもらうのに20分以上、極めつけは、グラスワインがボトルワインとして清算されていた。そして、さらに直してくれているはずであろうレシートには、まだ+のワインが清算されている。さすがに、気を長くしていた私たちも、周りのテーブルも、みなあきれ始めている様子。これはキツいな。夜はサービスもいいし、お料理もおいしいんだけどな〜。

この後は気を取り直して、Santa Monica Airportで開かれている『Art la』に行ってきました。
c0148627_13261018.jpg

たくさんのアーティストさんが、ブースを借りて、展示&販売しているもので、空港でショーとはおもしろいじゃありませんか。c0148627_13304387.jpgc0148627_13293125.jpg

こちらは、小さな空港で、セスナ機がたくさん並んでいます。サンタモニカエリアの空を眺めると、セスナ機がたくさん飛んでいます。きっとこの空港から飛んでいるのでしょう。こんな中でのアートショー。なかなか素敵でしょ?

会場内
c0148627_13332732.jpgc0148627_13334418.jpg

これまたおしゃれさんの集まりかと思うほど、素敵なファッションの人が多かったです。会場には、ちょっとしたカフェもあり、軽食やドリンクもありました。
c0148627_13345826.jpg

おもしろいな〜と思った数点を紹介します。写真だとよく見えませんが、実は数字が書かれているだけのアート。
c0148627_1343098.jpg

オレンジのペンで、所々に黒のペンを入れながら、1〜6000台までの数字が順番に書かれていました。この紙にこの文字の大きさで数字を書くと、どうやら6000台まで書けるのね、と思いながら、眺めてしまったアート。

続いて、ナイロンのショッピング袋がすっかりアートに。
c0148627_1340979.jpg

「アート」って不思議だよね。何を持って「アート」と言うのか。アートショーは、発想の宝庫。美術館とはまた一味違ったアートが見れて、とっても楽しかったです。

まったく作品とは関係ありませんが、私がとても気になったこと。それは、各ブースに座っているアーティストのみなさん。ほとんどのみなさんが、「Apple」社のコンピューターを使っていた。アート、デザイン、映像関係と言えば、Mac強しですが、「ここはApple store?」と思うほど、みーんなApple使ってました。

※読者の方(ギャラリーの方)より、アーティストさんがブースを借りているのではなく、ギャラリーが展示&販売しているとのことで、ブースに座っているのもギャラリーの方とご指摘を受けました。というわけで、間違った情報を載せてしまってすみませんでした(ペコリ)。>「アート好き」さん、どうもありがとうございました。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-01-25 13:05 | お出かけ
先日もお話しましたが、私は職場には、フリーウェイを使わずに、下道で通っています。そうすると、実はいろんな発見があったりして、なかなかいいこともあるんです。

いつも通っている道で、何だか点滅しながら、ぼや〜っとしたライトが点されているところがあります。いつも気になっていたのですが、先日ついに『レストラン&バー』と書いた看板を発見!何とか、お店の名前の一部を覚えておいて、昨夜ネットで検索。行ってきましたよ、新しいレストランに。

この国旗は、どこでしょう?
c0148627_12253273.jpg

答えはスイス。実はレストランの前にも、大きな国旗が掲げられています。この国旗が、ネット検索での鍵にもなってくれたのです。本日のディナーは、空港の近くにある『Chalet Edelweiss』に行ってきました。ちなみに、エーデルワイスは、スイスの国花だそうです。

店内は、白木を基調とした自然な感じが出ていて、店員さんもみな、スイス風な衣装を着ています。家族で経営しているレストランとのこと。
c0148627_12285525.jpg


本日のディナー
細長グラスの効果で、大量に見えるビールで乾杯♪
c0148627_12331296.jpg
と〜ってもおいしかったパン
c0148627_12335071.jpg
セットのサラダ
c0148627_1234256.jpg
チーズフォンデュ♡(パン/トマト/ピクルス/ミニオニオンのピクルス)
c0148627_12345781.jpg
とろ〜りチーズが最高
c0148627_1236125.jpg

他にも、いろんなお料理があるこのレストラン。お国柄、ドイツ風、フランス風と、ヨーロッパらしい食事が食べられます。味も、家庭的な味。何だかほっこりさせてくれるレストランでした。

フォンデュは、チーズ(上記)以外には、お肉系が加わったフォンデュもあります。ボコがビーフやポークを食べないので、私たちはチーズだけのフォンデュにしましたが、ボリュームたっぷり。気になるデザートに辿り着けませんでした。あ〜、くやしい。

フォンデュの食べ方は、パンや野菜をスティックに刺して、ぐるぐるとお鍋の中をかき回し、チーズが焦げないようにしながら食べるとのこと。チーズにディップして食べていたら、店員さんが教えてくれました。な〜るほど。(今まで食べたフォンデュは、チーズが焦げていたのであろうか???)

学生時代に、スイスに旅行に行った私。きれいな大自然と、人々の親切さに、一時期は「スイスに住む」とまでいい切って、調べに調べた国。スイスに縁がなかったのか、アメリカに縁があったのか、結局はアメリカに戻ってきた私ですが、今でも「スイス」には、ある種の“憧れ”があるようで、スイスの国旗を見たりすると、とっても気になります。

これからは、スイスに行きたいな〜と思ったら、ここに通おう!と思いました。ボコもとっても気に入ったようで、チーズフォンデュ以外のものを食べたかったボコは、すでに次のオーダーも決めていました。※フォンデュは、2人前以上のオーダーからのみ

そう言えば、♬エーデルワイス♬の歌って、昔英語で習いませんでした?確か中学生の頃習ったと思うのですが、てっきり「ドイツ語」で歌っていたと思っていた私。レストランで、ボコに「エーデルワイスの歌さ〜、私歌えるんだよね〜、ドイツ語・・・」あれ?頭で先に思い出してみると、英語だ。やばい、英語じゃん!その後は、「ふっ、ボコはエーデルワイス歌えるの?」と、いきなり矛先をわけのわからない方向に変えた私なのでした(苦笑)。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-01-24 12:20 | 外食
このタイトルを見て、みなさんはどちらを想像しますか?
「悲しい」?「おもしろい」?

もちろん、私は笑い泣き。犯人はこれ!
c0148627_431459.jpg
仕事に行く前に、2時間ほどゆっくりした時間があったので、「う〜ん、どうしよう。」と思っていた時、ふと母が日本から持って来てくれていた「すべらない話SP・2008年6月」の録画DVDがあったことを思い出した。何度同じDVDを見ても笑えるこの優れた『人志松本のすべらない話』ですが、このSPはまだ見ていなかった。ちょっと好きなアーティストのコンサートに行く前の、ふわふわ、そわそわ、わくわくした気持ちで、DVDをかけた。

今日はあいにくの雨。少し薄暗い部屋で、大声出して、一人で大笑いして、ついには涙まで出てきて・・・「私、今相当やばいな。ものすごーく怪しい光景やな。」と思いつつ、笑いは止まらない!「いや、次の話はちょっとくらいおもしろくても、笑いを我慢してみよう。」と、一人遊びまで始めてしまったものの、次の語り手は、ほっしゃん。あかん、私の大好きなほっしゃんやん。案の定、短い話ながらも、ものすごくおもしろくて、吹き出して、また泣いた。「笑いすぎて(一人で)泣くなんて、ちょっとヤバいから、泣くな〜、私。」と自分に言い聞かせれば、言い聞かせるほど、笑い涙がどんどん出て来て、もう諦めた。意味のわからない一人ゲームもやめて、その後は大声で、大いに高らかに笑い続けた。

私、日本人でよかったわ〜。これを見るといつもそう思う。いくらボコに通訳したって、おもしろくもなければ、語り口とか伝わらないもんね。あ〜、かわいそうに。でもいいんだ〜。これが私だけの贅沢な時間だからね♪

生まれ変わったら、ナタリー・ポートマンのような、賢さと美しさを兼ね添えた、彫りの深い顔の女優さんにもなりたいけど、やっぱり私は人志・松本、まっちゃんになりたい。そして、あの瞬時に浮かび上がるおもしろい発想で、いつも頭をぎゅうぎゅうにしておきたい、そう思うんだな。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-01-23 09:22 | 娯楽
今週は、ちょっとフライトが多いので、よく働いている私です。(と言っても週4日:笑)今夜は、ボコに先日冷凍しておいた手作りコロッケで、“コロッケサンド”を作って出かけました。
c0148627_647990.jpg
トマトはフレッシュなほうがいいので、食べる時に挟んでもらいましょう。

気づけば、空港で働き始めて、もうすぐ2ヶ月が経とうとしています。せっせとチェックインに励んでいるので、さすがに結構慣れました。まだまだ出来ないことのほうが今は多いですが、周りが本当に本当にいい人たちばかりなので、一歩一歩私のペースで、着実に確実に覚えていけばいいから、無理はしなさんなと、今は初心者レベルにしっかり取り組ませてもらっています。

世界地図を眺めるのが大好きな私は、地理には結構自信があるものの、この2ヶ月で知らない国がありました。昨夜初めてその国を知った。それもパスポートを見て。いや〜、地球って広いな。世界って広いんだな。「うひょ〜」とか大声で叫んでも、周りの人には迷惑だけど、地球的に見れば、全然迷惑じゃないんだろうな〜と思って、ちょっとだけ意味もなく叫びたくなりました。

いつも私に親切にしてくれるバングラディッシュ出身のA君。誰にでも親切な彼。お客様にも、同僚にも、み〜んなにやさしくておまけにイケメン。でも納得。彼のお母様はユニセフで働く医師で、彼もボランティア活動をしているそうな。あ〜納得。そんな彼が、私のペースを見ながら、いろいろ新しいことにも「ドン!」っと挑戦させてくれます。「間違っても、ボクが直すから大丈夫だよ。」ドン!と。

昨夜は、この2ヶ月で一番感動した夜を過ごしました。チェックインも無事終わり、相変わらずゲートでチケットをもぎ取って、目をぐるぐるまわしている頃、それも“あかん、このまま目回って、横にふらつきそう”と思った頃、A君から私を呼ぶ声が。昨夜は、リモートゲートと言って、ゲートから直接飛行機に乗るタイプではなく、ゲートからバスに乗って(もちろん空港内)、滑走路横にあるゲートに移動し、飛行機に乗るタイプの搭乗でした。そんなわけで、お客様とバスに乗って、飛行機まで付き添う役目をしたのです。

60人位を乗せたバスが、ゆっくりと1台、2台、、、と出発します。このバスで、滑走路脇の道を走るのです。5分以上かかる長い距離。真横には、ジャンボ機が見える!走っている!飛ぼうとしている〜!!のです。真夜中前ですが、次から次へと飛行機が飛んで行きます。うおぉぉぉぉ!!バスの運転手さんの真横に乗った、ちょっとオタク風の男性と同じくらい、私も業務を忘れて、外に見とれること数分。滑走路内で、消防車は走るわ、パトカーは走るわ、「みなさん忙しいのね〜。」と、普段想像もつかない出来事が起こっていました。

滑走路から見える周辺ホテルの明かりや、滑走路のいろんなライト、飛行機のライトなど、キラキラしている空港。とにかくキレイで、最高の贅沢な夜景を見ているようでした。“あ〜、カメラあったらな〜。”なんて、ブログを読んでくれているみなさんにお見せしたかった。

そして、ゲートに着きました。小さいけど、きれいな建物がポコポコっと間隔を開けて建っていて、そこにそれぞれの航空会社の飛行機が停まっています。そこからお客様たちは、飛行機に搭乗されていくのです。先に着いていたA君は、ベビーシートやベビーカーなどを預かるのに大忙し。タグを付けて、それを荷物係の人に渡して・・・続いて、私を連れて飛行機内へ。私たちも、飛行機の中に入る用があるので、たまに中に入って行きます。するとチェックインしたお客様が、ものすごくうれしそうに「ハロー。いい席をありがとう!」とか言って、声をかけてくれます。彼らにとっては、フライトアテンダントさん以外の私たちを飛行機内で見るのが、ちょっぴり不思議な感じだったりするのでしょうね。みんな私たちを見ると、結構驚いています(笑)。

ろうそくで?夜間飛行、夜間飛行。
c0148627_7165371.jpg
提灯にも照らされて?夜間飛行、夜間飛行。
c0148627_7174785.jpg

夜間飛行もいいものだな〜、と思いながら、帰りは大型バスに、スタッフ数人が乗って、贅沢な気分でゲートに帰って行くのでした。
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-01-21 23:41 | しごと
最近ちょっぴりジャンクフード気分の私。ここ数日、どうしてもどうしても“チーズバーガー”が食べたかったので、M社に行こうと思ったけれど、やっぱりM社食べ物は、口に入れるのに抵抗があるので、泣く泣く却下。そんなわけで、近所にある『In And Out』を思い出して行ってきました。ジャンクフードには変わりはないのですが、フレンチフライがフレッシュという理由で、私なりにOKを出しました。

本日のランチ
チーズバーガー/フレンチフライ/ソーダ(7-Up)
c0148627_924747.jpg

ものすごーく久しぶりに食べたチーズバーガーは、とってもおいしかった。これまた久しぶりの7-Upには、たっぷりスライスレモンを入れて飲みました。プハーっ。

午前中、少しぷらぷらとショッピングに出かけました。本当にぷらぷらっと行ったのですが、こんな日に限って、いいものに出会えるのよねぇ。

“アンティーク風”な粉ふるい器c0148627_972597.jpgc0148627_974331.jpg

ステンレスの粉ふるい器を持っているものの、乾かす作業をおろそかにしているうちに、錆びてしまった。洗うのも結構面倒だし、「困ったな〜」と思っていたところに、これと出会った。これだと洗うのも簡単そうだし、何てったってかわいいしね。

Ralph Laurenのピンヒール
c0148627_9103093.jpg

私の身長は、約158cm。今の時代だと、小さい目の私。この世には、高い高いヒールがいっぱいありふれているから、小さい目の私にはうれしい話だけど、実はヒールが苦手。ただ履き慣れていないというのと、デザイン的にもフラットシューズの方が好み。でも、ちょっとだけいつもより高いヒールを履きこなしたいというのが、今年の10番目くらいの目標。そこで、一目惚れしたこのヒール。ヒール慣れしている女性からすると、「えっ〜、これヒール?」ってほど、まだ低い目だとは思うけど、私にとっては、立派な大人ヒールです。そして履いてみると、足にぴったりで、これぞシンデレラシューズ。カジュアルにもエレガントにもいけそうなタイプだったので、購入決定。
c0148627_915559.jpgc0148627_9161387.jpg

ジャンクフード食べて、おしゃれな粉ふるい器でお菓子作りして、エレガントなピンヒール履いて・・・まったく統一性のない私がここに居ます(笑)。今年最後に振り返ってみると、私はどんな女性になっているんだろう・・・。楽しみ?
[PR]
by kgoldmonkey | 2009-01-21 08:53 | 日常生活