ボコママ in LA -2-

私のブログ、やっと4月に入りました(汗;)。パチパチパチー。

4月に入ったと言うのに、何となく肌寒い日が続いています。昨日から暖かくなったのですが、朝晩はやっぱり寒い。4月ってこんなに寒かったっけ?

昨日も私は仕事のため、帰りは夕方。ママは週末レンタカーをするということで、近くのレンタカー屋さんで車を借りて、1日1人でGetty Center(山の上にある近代的な美術館)に行ったり、アリゾナ、カリフォルニア、ネバダ、テキサス、ユタ州にしかないらしい『IN-N-OUT』でランチを買ったりして、1人の時間を過ごしていたようです。ハンバーガーチェーンだと、『IN-N-OUT』がおすすめ〜と昨夜私が話していて、そこのシェイクがおいしいの、という会話をママにしていました。チョコレートやスイーツが大好きなママなので、シェイクいいかなっと思って。仕事から戻ると、冷凍庫にチョコレートシェイクが。ママから私へのお土産。

夜便で、Sが空港に到着。ママとボコが先にホテルに行きチェックイン、Sも無事ホテルに着き、3人でCulver Cityの『Fraiche』でディナー。Sの予定に合わせたので、この日のディナーの予約は夜9時。私は翌朝も早く、ちょっと大変な仕事の日だったので、ディナーには参加しませんでした。その代わり、数日ぶりにジョギングに行って、自分の時間を過ごしました。私ってマイペース(笑)。国際結婚、こういうところが気に入っています。(注:国際結婚に限らないかもですが。)

***
朝から仕事して、午後2時頃には帰宅。早いシフトだったので、午後からはママとSと3人でCentury Cityにショッピングに出掛けました。ボコは家でゆったりまったり。(そろそろママから解放だ、と言っていました:笑)ご存知、ママと私は大のショッピング好き。そこにおしゃれSも参加してくれると、何時間でもショッピング〜♪

数時間を過ごして家に戻ると、ボコソファーで夕寝中。ママ&Sはホテルへ行き、それぞれ身支度をして、ディナーの時間に合うように迎えに来てもらいました。

今夜はAbbot Kinneyの『Lilly's French Cafe &Bar』でディナー。最近来ていなくて、ずーっと来たいと思っていたので、朝から楽しみにしてました。

パン/アーティチョーク&ディップ
c0148627_12524935.jpgc0148627_1253649.jpg
アーティチョークって、日本では食べられるのかな?こちらでは前菜としてよく知られていますが、私は触感も味も大好き。1枚1枚はがしながら食べる食べ方もおもしろくて好き。1人で食べたら飽きるけど、みなでシェアすればちょうどいいね。

メインは、Sとボコが舌平目&リゾット料理。
c0148627_12564644.jpg
昨夜もこの2人は、鴨料理を食べたらしいのですが、好みがすごく似ているんです。いつも同じ料理ばかりオーダー(笑)。ちなみにSはボコが10歳の頃から知っている、ママの古いお友達。食事中も、おもしろい子供のボコエピソードを話してくれました。

ママは鱒&リゾット料理。
c0148627_12583760.jpg
やっぱり西海岸に来ると、魚料理が食べたいようです。内陸には海がないですからねっ。私はずーっと食べたかったロースト野菜&キノア(穀物)の盛り合わせ。
c0148627_1314527.jpg
以前数回食べて、すっかり気に入っている一品。今回は、少し盛りつけ方が変わっていましたが、相変わらずシンプルな調理法のため、素材の味が活かされていて、とってもおいしかったです。

デザートには、ママがブルーベリータルトで私がアップルパイ&バニラアイス
c0148627_1342792.jpgc0148627_1344784.jpg
ここのアップルパイは最高です。私の中のパイ・ベスト3に入る味だと思うなぁ。私のフランスのホストマザーが作ってくれていた(教えてくれた)味そのもの。本場おフランスのお味ですこと。

我が家のボコは、一見「まじめ」に見られがちなのですが、コメディー大好きなお気楽男子。そんな彼の過去は、優等生の妹と正反対で、宿題もあまりやらずに、ちょっとユニークな行動を取る子供だったそう。ボコおばあちゃんに聞いても、伯母さんに聞いても、ママの友達に聞いても、いつも教えてくれるのは、ちょっとユニークなアメリカンボーイ。タイムマシンに乗って、その頃のボコを覗いてみたい私です。
c0148627_13104373.jpg
ママ&Sは30年来の友人

アメリカ内陸に住むみんなも、日本の震災をとっても気にし、Sに会って最初の言葉は、「日本の家族は大丈夫?震災の映像を見て、心が痛むわ。」でした。震災が起こった日も、ボコおばあちゃんを始め、ママたちから電話がありました。離れていても、1人1人の気持ちが、日本の復興の力に少しでもなると信じて、みなで声をかけあっていきたいと思います。
[PR]
by kgoldmonkey | 2011-04-02 13:20 | 行事