Day off 1日目の過ごし方

約3週間ぶりの2連休。まずは初日。

1日目は、月に1度の大掃除。どんなに仕事が忙しくても、遊びが忙しくても、必ず掃除します。きれいな部屋は快適な生活に繋がりますからねっ。
c0148627_11562072.jpg

(週1回)リビング&ダイニング=ボコ担当
     2階すべて&キッチン=私担当
     棚から床から電気製品にいたるまで、すべて雑巾がけ。(ボコはほこり取りモップ使      用便器も洗面台もすべてピカピカに仕上げます。鏡もピカピカに。シーツも交換して、     洗濯して、階段以外の掃除機かけは、Irobot君にお願いしています。      

(月1回)週1回の掃除+各部屋のドアから、キッチンの棚などすべてを雑巾がけし、週1回で補     えない部分の隅々まで掃除します。

(週2回)バスルームのカウンターや便器、床の掃除に、キッチンの床掃除をします。これは本当     に軽く掃除するだけです。

こんな私の掃除予定。結婚当初は、あまりにも掃除する私に、ボコは少し心地よくなかったと思います。今では、すっかり私の掃除パターンにも慣れてくれ、ボコなりに一生懸命週末の半日は掃除してくれています。私が仕事にいっている間にしてくれているので、ボコのペースで、ボコのやり方におまかせ。私も始めは、やっぱりボコに任せるのも少し不安がありました。(日本人の私たちは、やっぱり掃除が上手だと思うから。)

さらに、私が毎週掃除をすることにとても不思議な感覚を抱いていたようで、「そんなに掃除ばかりしなくていいよ。」「きれいなのに、また掃除してるの?」といつも言われていました。私を含め日本人は、小学生の時も、きちんと自分たちの教室は掃除し、年末には家中大掃除というのが当たり前。それに比べて、こちらはそうじ屋さんも普及していたり、年末の大掃除という行動さえないのだから理解に苦しむ点なのかもしれない。ボコも生まれた頃から家にはお手伝いさんがいてくれたので、掃除をする姿をあまり見たことがないようです。そのため、私が時には汗を流して、雑巾持って“拭き拭き”している姿に、「そこまでしなくてもいいよ。」と言う言葉が出てしまうんだと思う。

でも、私にとっては自分の場所は自分で掃除するのが当たり前だし、逆に汚い部屋で時間を過ごすと、気持ちよく過ごせない。なので、やっぱりどんなに疲れていても、掃除は必ず週1回やっています。
c0148627_11583042.jpg


まったくの余談ですが、道脇にある消火栓。LAは黄色の消火栓があちこちで見られます。ただ、Beverly Hillsはシルバーだって、ご存知でした?セレブーな消火栓(笑)。
c0148627_1202775.jpg

[PR]
by kgoldmonkey | 2010-04-26 12:51 | 日常生活